¡el BLANCO!

Our trip and my favorite things

クラブワールドカップ2018 レアルマドリードが三連覇の偉業を達成!

f:id:lavieenrose0427:20181225171712j:image

 

こんにちは。

Madoriです _φ(・_・

 

 

レアル・マドリードが優勝し、世界一のクラブに輝きました。

 

今年中に書きたかったこの記事。

 

年末のバタバタと敬愛なるニコ・クラニチャールのニュースが舞い込んだことにより先送りしてしまいましたが、ようやく手をつけることができました。

 

前日に別ブログに投稿した記事

vatreni0813.hateblo.jp

 

さてさて、クラブW杯。

 

昨年の記事はこちら

www.encanta-europa10.com 

今年も開催地はUAE(アラブ首長国連邦)

 

決勝戦:2018年12月23(日)

 

また、CLにつづき三連覇という偉業を成し遂げました。

 

¡CAMPEONES del Mundial de Clubes!

 

 

準決勝はアジア王者Jリーグの鹿島アントラーズ戦。

 

そこでベイルがハットトリック!

久しぶりに満面笑顔のベイルが見れて幸せでした。

 

大好きなマルセロのスーパーアシストも良かったです。

 

そして、ベイルは大会のゴールデンボール賞を受賞。

 

 

昨年のゴールデンボール賞はモドリッチ。

一昨年はクリスティアーノ・ロナウド。

 

今回の決勝では、我らがクロアチアの英雄ルカ・モドリッチが見事にミドルシュートを決めました!

 

W杯でもキャプテンとしてクロアチア代表を準決勝に導いたモドリッチ。

 

 

その活躍により、個人賞も受賞しました。

 

その時の記事はこちら

vatreni0813.hateblo.jp

 

素直に嬉しいです^^

 

我らがマドリーのCapitán(カピタン=キャプテン)、セルヒオ・ラモスも久しぶりに得意のヘディングゴールを決めました。

 

 

いつも陽気でエネルギッシュでスーパーポジティブなカピタンにはいつも元気をもらっています^^

 

そして、今夏にマドリーに加入したブラジルの神童、ヴィニシウス ・ジュニオールも後半途中出場し、オウンゴールを誘発する個人技を魅せてくれました。

 

 

 

そしてそして、私たち夫婦がずっと陰ながら応援してきたマドリーの若手、

 

マルコス・ジョレンテ・モレノが本大会で大活躍!

 

イケメンさんです^^ 

 

開催国のアル・アインとの決勝戦ではスーパーミドルシュートも決め、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝きました。

 

MOMは、サッカーの試合に於ける最優秀選手のことで、他のスポーツにおけるMVPにあたります。

 

モドリッチとジョレンテのこの写真、とてもお気に入りです!

 

  

ジョレンテはマドリーの血統を代々受け継ぐサラブレッドで真のマドリディスタ。

 

その美しさと品格漂う風貌は、レアル・マドリードのクラブイメージにもぴったり。

 

成長し続ければシャビ・アロンソのような存在になれるとの声もありますが、夫は見た目もプレースタイルもレドンドが近いという印象を抱いているようです。

 

フェルナンド・レドンド

(Fernando Redondo )

 

f:id:lavieenrose0427:20181229182941j:plain

 

アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー。

 

フェルナンド・レドンド - Wikipedia  

※ レアル・マドリード所属は、1994年〜2000年

 

ジョレンテは足元の技術や危機察知能力が高く、エレガントにボールを奪取する姿はまるで絵画のよう。

 

ずっとカゼミーロの控えで出場機会に恵まれませんでしたが、カゼミーロが怪我で離脱している間に、ポジションを奪ってしまうのではないかという活躍。

 

個人的には奪ってほしいです(笑)

 

カゼミーロとアンカーとしての能力をいちいち比較され、守備力は到底及ばないだとか横パスばかりだとかポジショニングがどうとか言う声もありますが、まだ数試合しかスタメンで出られていないにしては上等な働きぶりだと私は思うのですよ。

 

(マドリーに、横パスすらまともに通せず簡単にボールを奪われてしまう選手もいるんですけど…)

 

まぁ、私たちがジョレンテ贔屓で足元上手い選手が好みというのはもちろんありますけれど。

 

いつの時代もどの世界も、容姿や境遇に恵まれた人に対して世間の見る目は厳しいものですね(°_°)

 

少しミスをすると寄ってたかって叩かれ、良いプレーをしてもなかなか評価してもらえず、今回のように注目度の高い試合で目に見える大活躍をしなければ賞賛されづらいというのは見ていて歯痒いところでもあります。

  

なので、今後も好調を維持し周囲の雑音をかき消す活躍をして、クラブの象徴となる存在になってほしいです。

 

今、いちばんレアル・マドリードのユニフォームが似合う選手だと個人的に思います。

  

決勝戦のレビューは再びhirorealさん頼み

hiroreal.hatenablog.com

 

これからもマドリーのレビュー、楽しみにしています。

 

このような素晴らしい記事を書けるようになるまで、私はあと10年はかかりそうです^^;

 

駆け足になりましたが、

 

 ¡Hala Madrid!

 

数あるブログの中から、当ブログ「¡ El Blanco !(エル ブランコ)」を訪れていただきありがとうございました。

 

 

Madoriでした (´ー`)