¡el BLANCO!

Our trip and my favorite things

クラブワールドカップ2017 レアルマドリードが世界一に輝く!

f:id:lavieenrose0427:20180401152715j:image

 

※ Twitter埋め込み画像と動画がうまく表示されなかったので再投稿します

(通常の画像にしました)

 

こんにちは!
Madori(@madori_10)です _φ(・_・

 

 

数あるブログの中から、当ブログ「¡ El Blanco !(エル ブランコ)」を訪れていただきありがとうございます。

 

また、読者登録をしていただきまして、ありがとうございました。

 

心より感謝しています。

 

本日は、サッカーとの出会いとレアルマドリードについて書かせていただきます。

 

とは言っても、語れるほど私はサッカーに詳しくありません。

 

 

私がサッカーに出会うまで

 

前回記事では、結婚について少し触れました。

 

www.encanta-europa10.com

 

ダンナさんと出会うまではサッカーには全く興味がなく、オフサイドの意味すら知りませんでした(笑)

 

長い時間ボールを転がしているばかりで点の入りにくいサッカーの面白さが分からなかったのです。

 

フィギュアスケートや新体操など、内容が重要になってくる競技は以前から好きで注目していましたが、どんな内容であれ結果が全てのサッカーにはあまり心を動かされませんでした。

 

ですが、まだ私たちが結婚する前、ダンナさんがサッカーの話をしている時の生き生きとした表情や、ヨーロッパまで観戦しに行った時の楽しそうな話を聞いているうちに、少しは興味が出てきました。

 

私がダンナさんと結婚したいと強く思ったのは、この部分が大きいかもしれません。

 

私がサッカーに興味あるか無いかなんて気にもせず、ただただ真っ直ぐな気持ちでサッカーを語る姿に、

 

「可愛い人だな〜。この人の魂は、とても綺麗なんだろうな。」

 

と、直感したのです。

 

結婚して一緒に暮らし始めた頃も、私は遠目から見ているか、ながら見程度でした。

 

EURO2012をきっかけにジワジワとサッカーにハマり、今に至ります。

 

なので、私はサッカーのテクニカルなところについてはあまり詳しくはありません。

 

WOWOWの解説を聞きながら、毎回「なるほど」と思いながら少しずつ覚えています。

 

ちなみに、WOWOWの野口さんの解説がとても分かりやすく理知的で好感が持てます。

 

そのため、どうしても女性目線の内容になってしまいますので、サッカーに詳しい方は、どうか生温かい目でスルーしていただけると幸いです。

 

サッカーの試合記事を書かれている人の読者にもなっているのですが、専門家並みで一般人とは思えないほど詳しく書かれているので、私はあえて試合内容については書かないことにしました。

 

恥ずかしいので(^_^;)

 

レアルマドリードがクラブ世界一に

 

FIFA Club World Cup 2017

開催国:UAE(アラブ首長国連邦)

決勝戦:2017年12月16日(土)21:00(現地時間)

 

ヨーロッパ王者 対 南米王者との決勝戦

Real Madrid(レアルマドリード) vs Grêmio(グレミオ)

 

1 - 0 で、 レアルマドリードが勝利し、

世界中のクラブの頂点にたちました。

 

f:id:lavieenrose0427:20171218213926j:image 

 

日本時間では深夜だったため、試合は録画で観ました。

 

クリスティアーノ・ロナウドさま

 

グレミオの固い固い守備に苦しみましたが、エース、クリスティアーノ・ロナウドの直接フリーキックが見事に決まり、その1点を守りきり見事に優勝です。

 

f:id:lavieenrose0427:20171218215112j:image

 

まさに、God(神)!!ですよ。

 

昨年の決勝でも、開催国枠で出場した鹿島アントラーズとの試合でも、逆転を許してしまった中でハットトリックを決め、優勝に大きく貢献しました。

 

昨年は、準決勝をスタジアムで観戦し、決勝をスポーツバーで鑑賞しました。

 

大勢の鹿島ファンの中で、祈るようにレアルマドリードを応援していました。

 

f:id:lavieenrose0427:20171218150308j:plain

コートの下にしっかり着ていました

 

そんなスーパースターのクリスティアーノですが、リーガエスパニョーラ(スペインリーグ)では、開幕から5戦も出場停止処分を受けたため出遅れてしまい、本来の調子がなかなか出せず不調が騒がれておりました。

 

ですが、ここ大一番という時の勝負強さは、さすが千両役者です。

 

どんなハウツー本を読むより、クリスティアーノ・ロナウドの活躍を見ているほうが、私にとっては薬になりエネルギー源にもなります。

 

そこまでストイックにはなれませんが(笑)

 

Ballon d'Or(バロンドール)

 

そんなスーパースターのクリスティアーノ・ロナウド。

 

先日は、リオネル・メッシと並ぶ5度目のBallon d'Or(バロンドール)を受賞したばかり。

 

Ballon d'Or(バロンドール)

f:id:lavieenrose0427:20171218122302j:plain

1956年にフランスサッカー専門誌「フランス・フットボール」が創設したヨーロッパの年間最優秀選手に贈られる賞である。

"Ballon d'Or"はフランス語で「黄金の球」という意味で、受賞者には金色のサッカーボールを模したが贈られる。

2010年度より、それまでFIFAが選出していた「FIFA最優秀選手賞」と統合され「FIFAバロンドール」として表彰されるようになった。

 

引用元:バロンドール - Wikipedia

  

そのBallon d'Or(バロンドール)を、エッフェル塔での受賞式で手にした時の様子がこちら。

 

f:id:lavieenrose0427:20171218215223j:image

 

レアルマドリードのカリスマ監督

 

レアルマドリードは、このクラブワールドカップで優勝しただけではなく、初の2連覇という偉業を成し遂げました。

 

その2連覇に導いたのは、元レアルマドリードのレジェンド、現レアルマドリードの監督。

 

ジネディーヌ・ジダン

f:id:lavieenrose0427:20171218214013j:image

マルセイユ生まれの元サッカー選手。
現サッカー指導者でレアル・マドリードの監督。
愛称はジズー(Zizou)。
選手としては1988年から2006年まで攻撃的ミッドフィルダーとして司令塔の役割だった。
FIFA最優秀選手賞、バロンドール、ゴールデンボール賞などの個人タイトルに加え、所属チームではワールドカップ、欧州選手権、トヨタカップ、チャンピオンズリーグなどの主要タイトルをすべて獲得した。
UEFAゴールデンジュビリーポールでは、過去50年(1954年〜2004年)の欧州のサッカー選手として、フランツ・ベッケンバウアーやヨハン・クライフらを抑えて最も優れた選手に選ばれた。
FIFA100選にも名を連ねている。

 

監督としてもレアル・マドリードの助監督やBチームの監督を務めた後にトップチームの監督に就任。
就任1年目でクラブをチャンピオンズリーグ制覇に導いた。
2017年には、史上初めて選手、監督双方でオンズドール、FIFA最優秀賞を受賞した人物となった。

 

監督になって獲得したタイトル

🏆 Champions League 2016
🏆 Supercopa de Europa 2016
🏆 Mundial de Clubes 2016
🏆 LaLiga 2017
🏆 Champions League 2017
🏆 Supercopa de Europa 2017
🏆 Supercopa de España 2017
🏆 Mundial de Clubes 2017

 

引用元:ジネディーヌ・ジダン - Wikipedia

  

サッカーに興味がない頃の私でも知っていました。

 

レアルマドリードの心臓・頭脳

 

そして、エースのクリスティアーノと共に連覇に貢献した選手がいます。

 

それが、私もダンナさんもスーパー大好きな、クロアチア代表の世界最高MFのひとりで、レアルマドリードの心臓・頭脳とも例えられるルカ・モドリッチ

 

モドリッチがボールを持つだけで、次はどこにボールを出すのか、どんなプレーを魅せてくれるのかワクワクします。

 

「マエストロ」「魔法使い」とも称されるほどの選手。

 

イスコが魔術師や魔法使いとも言われていますが、個人的にイスコは魔術、モドリッチは魔法だと思います。

 

魔術と魔法の違いがよくわかりませんが、なんとなく(笑)

 

そして、レアルマドリードにふさわしい華もあります。

 

ルカ・モドリッチ

f:id:lavieenrose0427:20171218214131j:image 

クロアチア・ザダル出身、レアル・マドリード所属の同国代表サッカー選手。
ポジションはミッドフィールダー。
主にセントラルミッドフィールダーとしてプレーする。
地元クラブであるNKザダルのユース出身で、2002年に国内の強豪クラブであるディナモ・ザグレブへ移籍。
2008年からはプレミアリーグに活躍の場を移し、トッテナム・ホットスパーFCではスコット・パーカーやガレス・ベイルらとチームを牽引した。
2013年にレアル・マドリードへ移籍、3度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝などのタイトルを獲得した。

 

クロアチア年間最優秀選手賞に最多タイ(ダヴォール・シューケルと同数)となる6度選出されているほか、2015年にFIFA/FIFProワールドイレブン、2016年にはUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーにクロアチア人で初めて選ばれた。

 

引用元:ルカ・モドリッチ - Wikipedia

 

そのモドリッチが、当大会の「ゴールデンボール賞」に選ばれました。

 

準決勝でMVPに選ばれたモドリッチは、決勝戦でも素晴らしいプレーを披露。

 

2大会で得点を挙げたクリスティアーノ・ロナウドは決勝のMVPに選出され、大会のシルバーボール賞を贈られました。

 

昨年は、クリスティアーノがゴールデンで、モドリッチがシルバーでした。

 

こういう賞って、得点を決めた選手が1番の賞を受賞することが多いのですが、今年はMFのモドリッチが選ばれて涙ぐんでしまうほど嬉しかったです。

 

テクニックがあり、サッカー知能指数が高いだけではなくハードワークもこなすモドリッチ。

 

そして可愛らしいルックス。

 

監督はもちろん、選手やファンからの信頼も厚く、愛されキャラでもあります。

 

ダンナさんの前では、「ルカちゃん」「モドリちゃん」とか呼んでいます(笑)

 

こちらの記事も面白いのです! 

【現地発】C・ロナウドにも臆せず叱咤! モドリッチはマドリーの「影のリーダー」だ | サッカーダイジェストWeb

f:id:lavieenrose0427:20171218150253j:plain

仲良しでもあるふたり^^

 伝統の一戦「クラシコ」

 

来週12月23日には、いよいよ伝統・因縁の対決クラシコが待っています(メラメラ)

 

El Clásico(エル・クラシコ)

 

クラシコは、スペイン語で「伝統の一戦」を意味し、サッカーのスペインリーグ、リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードとFCバルセロナの試合のことを指す。
スペインダービーとも呼ばれ、数あるナショナルダービーの中でも最も注目を集めるものの1つである。

 

引用元:エル・クラシコ - Wikipedia

   

勝てば最高のクリスマスシーズンになりそうです♪

 

負けたら…なんて事は考えたくありませんが、その時はしばらくブログをお休みするかもしれません。。。

 

どうか、勝ちますように(祈) 

 

⇩ユニフォーム以外の写真は、全て公式サイトから

www.realmadrid.com

 

今回は、かなり熱苦しく語ってしまいました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

Madoriでした (´ー`)