¡el BLANCO!

Our trip and my favorite things

2度目のマドリード滞在記 2日目⑧ フランス人建築家によって建てられた美しいメトロポリスビル

f:id:lavieenrose0427:20180420163346j:image

 

 ¡Hola!

Madoriです _φ(・_・

 

今回で滞在記2日目、ラストの記事になります。

 

書き始めたのが11月7日、本当は昨年中に書き上げる予定でしたが、のらりくらり脱線しながらもようやくここまできました。 

 

前回の記事では、レアルマドリードの優勝パレード地 シベーレス広場と宮殿を紹介させていただきました。

 

www.encanta-europa10.com

 

Edificio Metrópolis(メトロポリスビル)

シベーレス広場と宮殿を背にして、向かうのは真正面に建つ美しい建物。

 

f:id:lavieenrose0427:20180221161630j:image

 

Edificio Metrópolis(メトロポリスビル)

f:id:lavieenrose0427:20180221161704j:image

マドリードのメインストリート”Gran Via”とアルカラ通りにつながる交差点の角にあります。

真っ白な壁が特徴で、美しい彫刻が施された大変綺麗なビル。

メトロポリス保険会社所有です。

頂上のドームには女神ニケの彫像で飾られており、まるで人々を見守っているかのよう。元々は別の保険会社のビルとして1911年にフランス人建築家・Jules Févrierによって建てられました。

その後何度か改装工事を行っていますが100年を過ぎた今でも綺麗な姿を見ることができます。メトロポリスビルはマドリードのランドーマーク的存在として今もなお愛されています。

引用元:メトロポリス・ビル

 

2度目のマドリードではこの1枚しか撮りませんでしたが 、初めて訪れたときは何枚撮ったんだろう!?というほどたくさん撮りました。

 

それほど圧倒された美しいビルです。

 

2017年10月撮影 

f:id:lavieenrose0427:20180221161644j:image

 

このとき、既に20時近かったのにまだこの明るさ。

 

時計を見てビックリしたのを思い出します。

そのかわり夜明けが遅いですが。

 

フランス人建築家 Jules Février(ジュール・フェブリエ)

この建物はフランス人建築家によって建てられたというだけあり、何となくパリの街にも溶けこみそうなグレーがかった濃紺の屋根だなぁと思いました。

 

しかも、この写真は雨の日に撮影したのでますますパリっぽいです。

 

2016年11月撮影

f:id:lavieenrose0427:20180221161704j:plain

 

曇天にも映える色ですね。

 

こちらはInstagramのフランス・パリの写真。

  

Jules Février(ジュール・フェブリエ)

1842年9月4日〜1937年1月23日(94歳没 パリ)

フランスの建築家。

ルーヴル美術館分館の元監視員。

1907年〜1911年に彼と彼の息子Raymond Février(レイモンド・フェブリエ)によってマドリードのMetrópolisが設計された。

引用元:Jules Février — Wikipédia

 

日本語での情報が無かったので、フランス語の勉強を兼ねて少し翻訳してみました。

 

ツールを使ったら変な日本語に翻訳されたので、引用文の日本語は少しアレンジしています。

 

親子でこの建築に携わっていたんですね〜。

メトロポリスビル写真集   

昨年、たくさん撮影した写真の一部を紹介させていただきます。

 

2016年11月撮影

f:id:lavieenrose0427:20180221161824j:plain

隣ビルのロレックスの看板がかすむ存在感
f:id:lavieenrose0427:20180221161746j:plain
f:id:lavieenrose0427:20180221161729j:plain
雨の日と晴れの日

f:id:lavieenrose0427:20180221161804j:plain

ギリシア神話に登場する勝利の女神「ニケ」 

撮影スポット   

この日は地下鉄のGran via(グラン・ビア)駅を利用しましたが、個人的にBanco de España(バンコ・デ・エスパーニャ)駅の地上出口から見えるメトロポリスビルが美しいと思いました。

 

地上を出てすぐにドドーンと現れます。

圧倒されたいかたにオススメです!

 

レアル・マドリードの優勝パレード地、シベーレス広場と宮殿にも近いです。

 

Banco de España(バンコ・デ・エスパーニャ)駅

f:id:lavieenrose0427:20180221161950j:image

Gran via(グラン・ビア)

今年の写真に戻ります。

 

こちらは、地下鉄Gran via(グラン・ビア) 駅に向かう途中に出会えた風景。

 

サン・アントン市場の案内看板、ロレックスの看板のほうが目立っていますが、この植物を撮りたかったのです(笑)

 

f:id:lavieenrose0427:20180221161838j:plain

色使いがツボでした


Gran via駅に到着しました。

 

f:id:lavieenrose0427:20180221161855j:image

 

2日目はGran viaから色々巡り、また同じ場所から地下鉄に乗って帰りました。

 

地下鉄構内に入ると、そこでは爆音でロックが演奏されていました!

 

f:id:lavieenrose0427:20180221161908j:image

 

地下鉄構内でクラシックを演奏している光景は何度か目にしましたが、ロックは初めて。

 

まさか、スペインでロックを聴くことになるとは。

  

激しい演奏と歌を目の前にして、V系の追っかけをしていた頃の血が騒いで思わず写真を撮ってしまいました。

 

ミラーレス一眼はカメラケースにしまっていたので、ポケットに入れていたコンデジで撮影。

 

そして、皆が通り過ぎるなか、置かれていたギターケースの中に1€を入れてきました。

 

ダンナさんは少し引き気味(笑) 

アクセス

住所
Calle de Alcalá, 39, 28014 Madrid,España

 

地下鉄最寄駅
Banco de España(バンコ・デ・エスパーニャ)から徒歩2分
Gran via(グラン・ビア)から徒歩5分
 

地図

あとがき 

マドリード滞在の旅は、この2日目がいちばん色々な場所を巡り歩き回りました。

 

だいたい現地に着いた翌日は、こんな感じで久々にヨーロッパの地に降り立った喜びでハードに動きまわってしまいます。

 

歩いた歩数もいちばん多かったです。

さすがにヘトヘトになりました。

 

その日の晩ごはんは、ホテル最寄り駅近くのケバブ屋さんで食べました。

 

あいにく写真を撮り忘れてしまったのですが、もの凄いボリュームでした。

 

 

最後に、シベーレス宮殿の展望台から撮影したメトロポリスビルをモノクロで。

 

f:id:lavieenrose0427:20180221161612j:image

 

数あるブログの中から、当ブログ「¡ El Blanco !(エル ブランコ)」を訪れていただきありがとうございました。

 

 

¡Hasta luego! (またね)

 

Madoriでした (´ー`)