¡el BLANCO!

Our trip and my favorite things

2度目のマドリード滞在記 3日目④ スペインのデパートとオレンジジュース

f:id:lavieenrose0427:20180315163724j:image

 

¡Hola!

Madori@madori_10です _φ(・_・

 

 

滞在記3日目のラストです。

 

前回は、本場スペインのZARAでショッピングを楽しんだ時の様子と、ファストファッションのあり方について感じたことを書かせていただきました。

 

www.encanta-europa10.com

 

今回は、ZARAを出てからのことを紹介させていただきます。

 

デパート「El Corte Ingles(エル・コルテ・イングレス) 」

f:id:lavieenrose0427:20180313150158j:image

デパートについて

ZARAでショッピングを楽しんだ後は、スペインのデパート「El Corte Ingles(エル・コルテ・イングレス)」に少し立ち寄りました。

El Corte Ingles(エル・コルテ・イングレス)


スペイン・マドリードに本社を置く百貨店(デパート)グループ。ヨーロッパ最大、世界第4位の百貨店グループである。スペインに現存する唯一の百貨店チェーンであり、百貨店以外にも様々な業種の企業を所有している。社名は前身の注文服店に由来し、「イングランド仕立て」の意味である。


引用元:エル・コルテ・イングレス - Wikipedia

ここではトイレ休憩と、ウィンドウショッピングをしただけで買い物はしておりません。

 

巨大なZARAでのショッピングで少し疲れていたのと、翌日はこの滞在最大のイベントが控えているからです。

 

かなり大きなデパートだったので、ゆっくり見て回るには丸1日は必要だと思いました。

 

El Corte InglesのWebサイト

www.elcorteingles.es

 

クリスマスカラーの紙袋。

 

  

紙袋、可愛いなぁ。

何かひとつでも買ってくればよかったと後悔。

 

かさばるのは重々承知ですが、海外旅行で買い物をしたときの紙袋って捨てられないです。

 

ミニマリストにはなれないですね(笑)

 

プラド美術館のミュージアムショップで買い物をした時の紙袋は、宝物のひとつになっています。

Museo Nacional del Prado

 

さすがにスーパーのレジ袋は捨てますが。

トイレはどこですか?

まずは、トイレ。

大きなお店をぐるぐる探し回る体力が無かったので、近くにあったインフォメーションで、どこにあるのか聞きました。

 

とっさに出てきた言葉が、 

¿Donde esta toilette?

ドンデ エスタ トワレット

toilette(トワレット)って…

フランス語だし。

 

滞在中に使いそうなフレーズは勉強していたはずなのに、スペイン語の「トイレ」の単語が出てこなかったのです。

 

でも、toilette(トワレット)でも通じました。

 

良かった〜。

 

正しい、「トイレはどこですか?」のフレーズは、 

¿Donde esta el baño?

ドンデ エスタ エル バニョ 

でした。。。

  

トイレはとても綺麗でした。

ベッカム発見 

店内をフラフラ歩いていると、高級時計が集まるコーナーがありました。

 

そこで目を引いたのが、Tudor(チュードル)のポスター。

 

レアル・マドリードの現選手たちも憧れる、フットボール界のスーパースターでありファッションリーダーでもあるデイヴィット・ベッカムが広告になっていました。

 

モデルは違いますが、通勤用にチュードルの時計を愛用しているダンナさんも嬉しそうでした。

 

ベッカムに気を取られすぎて写真を撮り忘れてしまったので、Tudor WatchesのInstagramを載せます。

 

 

@davidbeckham #bbchrono on the wrist at last night’s #tudorwatch event in NYC #borntodare

TUDOR Watch OFFICIALさん(@tudorwatch)がシェアした投稿 -  

 

歳を重ねてもカッコいいベッカムです。

 

ブログを始めたばかりの頃のInstagramのキャプションのような記事ですが、この場を借りて、ベッカムについて書いた記事も貼っておきます。

 

www.encanta-europa10.com

スーパー「SuperCOR(スーペルコル)」

地下(だったと思う)に行くと、デパート「El Corte Ingles(エル・コルテ・イングレス)」の系列であるスーパーマーケット「SuperCOR(スーペルコル)」がありました。

 

このスーパーはデパート系という事もあり、スペインのスーパーの中ではお値段が少し高めですが、高品質なものを取り揃えています。

 

とはいっても、野菜や果物、乳製品などの価格は日本に比べたら随分安く感じます。

 

大好きなValor(バロール)のチョコレートも、デパ地下のこのお店が品揃え豊富でした。

 

 

そして、私たちが滞在したホテル近くにもこの「SuperCOR(スーペルコル)」がありました。

 

デパ地下にあるお店に比べると小さいですが、ひと通り揃っていて滞在中よくお世話になりました。

 

f:id:lavieenrose0427:20180316141816j:plain

ホテル近くのSuperCOR(スーペルコル)

SuperCORのWebサイト

www.supercor.es

バレンシアオレンジジュース

買い物もひと通り終わり、喉がカラカラに乾いていたのと座りたかったのもあり、近くで休憩することにしました。

氷無しで飲みたいオレンジジュース

カフェが満席だったので、レストランに入りました。

 

そこはハンバーガーレストランでした。

 

スペインにはケバブ屋さんも多かったですが、ハンバーガー屋さんも多く見かけました。

 

ですが、このお店ではドリンクのみ注文。

 

f:id:lavieenrose0427:20180315195847j:image

 

生搾りオレンジジュースは、氷無しで出てきます。

 

冷たくはありませんが、濃厚でとても美味しいのです。

  

逆に、氷を入れるとせっかくの生搾りストレートオレンジジュースの味が薄まって勿体ないです。

 

それ以来、ファーストフードなどでドリンクセットを頼むときは、「氷無し」にします。 

 

オレンジの産地といえば、スペインのバレンシア地方。

 

バレンシアオレンジ、よく聞きますよね。 

 

スペインの飲食店では、この機械をよく見かけました。

 

 

Zumex社の生絞りジューサー(スペイン製)。

 

皮ごとオレンジを入れて約8秒でコップ1杯のフレッシュオレンジジュースを作る機械です。

 

調べたところ、日本でも羽田空港や高級ホテルなどに設置されているようです。

 

お値段、けっこう高いです。

 

日本語のWebサイトもありました。

 

c-tamin.com

 

最後に、お店の情報を。

 

Muxers Territorio Carnívoro

www.tripadvisor.es

スーパーで買えるピュアオレンジジュース

生搾りオレンジジュースがあまりにも美味しくて、しかもスペインではかなりお手頃。

 

これは毎日でも飲みたいと思い、ホテル近くのスーパーで探してみたら、ありました!

 

写真はありませんが、DON SIMON(ドン・シモン)のピュアオレンジジュース。

 

JGC | Don Simón

 

果肉も入っていてとても美味しく、滞在中はホテルで毎朝毎晩飲んでいました。

 

日本ではあまり知られておりませんが、本場スペインでは有名なようです。

  

Amazonでも一時期買えましたが、今は残念ながら取り扱っていないようです。

アクセス

住所

El Corte Ingles(エル・コルテ・イングレス)

C. C. Castellana, Calle de Raimundo Fernández Villaverde, 79, 28003 Madrid,España

Muxers Territorio Carnívoro

Paseo de la Castellana, 75, 28046 Madrid,España 

地下鉄最寄駅

Nuevos Ministeriosから徒歩1分

 

Santiago Bernabéu(サンティアゴ・ベルナベウ)から徒歩5分

 

Cuatro Caminos(クアトロ・カミノス)から徒歩15分 

地図

あとがき

3日目の夕食は、スーパーで軽めのお惣菜を買ってホテルで食べました。

 

滞在記3日目をようやく書き終え、いよいよ4日目は待ちに待ったメインイベントです。

 

f:id:lavieenrose0427:20180315170001j:image 

 

試合は夜なので、日中は小さな美術館を訪れました。

 

早く試合の記事を書きたいのですが、その前に美術館の記事を挟みます。

 

 

数あるブログの中から、当ブログ「¡ El Blanco !(エル ブランコ)」を訪れていただきありがとうございました。

 

また、読者登録やブックマークをしていただきありがとうございます。

 

¡Hasta luego! (またね)

 

 

Madoriでした (´ー`)