¡el BLANCO!

Our trip and my favorite things

10連休後半 東京都庭園美術館

f:id:lavieenrose0427:20190510173837j:image

 

こんにちは。

Madoriです _φ(・_・

 

 

GWが明けて一週間が経ちますが、10連休後半はダンナさんと東京都庭園美術館を訪れました。

 

初めて訪れた時は母と一緒で、私はまだ独身でした。

 

ダンナさんと一緒に行くのは今回が初めて。

 

今回も、写真メインでささっと投稿です。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510174846j:plain

入場券とカレンダー
  • 庭園のみ:¥200
  • 庭園と館内:¥1,100。

 

「キスリング エコール・ド・パリの夢」が開催中でした。

 

エコール・ド・パリの中では印象が薄いキスリング(私の中で)ですが、この館内を訪れる目的は展覧会より館内そのものなので、迷わず庭園と館内鑑賞チケットを購入。

 

チケットを購入し、美術館までてくてく歩いていきます。

 

緑の香りに癒されました。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173824j:image

 

 

美術館の建物が見えてきました。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173724j:image

 

東京都庭園美術館は、白金台にある都立美術館で、「旧朝香宮邸」とも呼ばれています。

 

品川・目黒・白金台エリアに存在するこの美術館は緑豊かで、美術鑑賞のみならず行き帰りのお散歩もとても楽しめます。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173714j:plain

アール・デコ様式の旧朝香宮邸

館内

ここからは、館内(本館)の写真です。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173717j:plain

正面玄関のガラスレリーフ扉

 

観ているだけで優しく温かい気持ちになれる、ルネ・ラリックのガラス工芸作品です。

 

René Lalique(ルネ・ラリック)


(1860年4月6日 - 1945年5月1日)
19世紀~20世紀のフランスのガラス工芸家、金細工師、宝飾デザイナー。

 

引用元:ルネ・ラリック - Wikipedia

 

 

館内に入ってまもなく、インパクトのある物が見えてきます。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173741j:plain

白磁の「香水塔」

 

1932(昭和7)年に、アンリ・ラパンがデザイン。

 

上部の照明部分に香水を施し、照明の熱で香りを漂わせたという由来から、後に「香水塔」と呼ばれるようになったそうです。

 

Henri Rapin(アンリ・ラパン)

 

(1873年2月24日- 1939年6月30日)
フランス、パリ生まれの画家、デザイナー。

 

引用元:Henri Rapin — Wikipédia

※ フランス語

 

 

こちらも、アンリ・ラパンによるデザイン。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173744j:plain

書斎

 

絨毯、机、椅子までアンリ・ラパンがデザインしたようです。

 

優美ですが華美すぎず、落ち着く空間だなと思いました。

 

こんな場所なら仕事や勉強もはかどりそう(他力本願)。

 

 

こちらは書庫でしょうか!?


f:id:lavieenrose0427:20190510173846j:image

 

 

照明が取りつけられている天井装飾が星型で可愛らしいです^^

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173803j:plain

照明と天井装飾

 

 

西洋スタイルの朝香宮邸ですが、こちらの部屋は全体に和の要素が取り入れられています。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173701j:plain

小食堂

 

小食堂は、朝香宮一家の日常の食事に使用されていたそうです。

 

床の寄木はローズウッドを中心にしてケヤキ材が施されています。

 



こちらも、「和」を感じさせるインパクトのある装飾です。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173709j:plain

第一階段

 

この階段は、1階の客間から2階の家族の居室へ通じる階段です。

 

まるで明治の洋館のよう。 

明智小五郎が出てきそうな雰囲気です。

 

(建てられたのは昭和初期ですが^^;)

 

ルネ・ラリックの「フランス仕立てのアール・デコ」と「日本のアール・デコ」を見比べてみるのも楽しいですね。

 

 

こちらは気になるデザインだったので撮りましたが、何であったのかは分からず。


f:id:lavieenrose0427:20190510173819j:image

 

 

こちらは、庭園から撮影した本館の写真。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173829j:image

 

 

この部分だけ切り取ると、まるでヨーロッパのようです。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173800j:image

 

本館はここまで。

古い建物は、やはりロマンを感じますね。

 

 

こちらは新館。

本館に隣接して建設されました。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173734j:image

 

モダンな建物ですが、開放感があってこれまた海外にいるような雰囲気を感じました。

 

冒頭のアイキャッチ画像は、あえて新館の写真を使いました。

 

新館は、現代的な展示空間や、カフェ、ミュージアムショップを備えています。

 

新館を訪れるのは初めて。

それもそのはず、私が初めて訪れた頃にはまだ新館は存在していませんでした。

 

東京都庭園美術館は、本館の約3年間にわたる改修工事を経て、2014年11月にリニューアルオープンしたからです。

 

 

ミュージアムショップで購入したポストカード。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510174116j:plain

キスリングの作品
  • 左:ミモザの花
  • 右:マルセイユの街


この2枚の絵がとても気に入りました。

ミモザのポストカードは2枚購入。

 

f:id:lavieenrose0427:20190510173657j:plain

その他の作品
  • 左:藤田嗣治
  • 右:ピカソ

 

好きな画家であるとともに、絵の色使いが気に入って購入しました。

 

そういえば、昨年(2018年)7月〜10月に上野の東京都美術館で開催された「没後50年 藤田嗣治展」は本当に素晴らしかったです。

 

ダンナさんも非常に感銘を受けていました。

 

その時の記事もいつか書きたいと思います。

 

丁寧に書きたいので、公開するのは随分先になりそうですが^^;

庭園

美術館の建物だけではなく、敷設された庭園も大きな観賞価値があります。

 

ここからは、写真だけ載せます。 

観て感じていただけたらと思います^^


f:id:lavieenrose0427:20190510173705j:image

 


f:id:lavieenrose0427:20190510173834j:image

 


f:id:lavieenrose0427:20190510173807j:image

 


f:id:lavieenrose0427:20190510173815j:image

 


f:id:lavieenrose0427:20190510173751j:image

 


f:id:lavieenrose0427:20190510173747j:image

 


f:id:lavieenrose0427:20190510173755j:image

 

 

最後に、併設されているカフェ。


f:id:lavieenrose0427:20190510173849j:image

 


f:id:lavieenrose0427:20190510173811j:image


東京23区とは思えない緑豊かな庭園美術館。

静かで落ち着くだけではなく、五感が研ぎ澄まされる癒しの場所です。

場所

 

 

後半、駆け足になりましたが・・・。 

 

Madoriでした (´ー`)