Spain travel Travel

2度目のマドリード滞在記 7日目① バルに囲まれたサンタ・アナ広場周辺のお洒落なタブラオとお店

 

¡Hola!

Madoriです _φ(・_・

 

 

世界遺産の街、「クエンカ」「セゴビア」日帰り旅行記が続きましが、ここから帰国までは再びマドリードの紹介となります。

 

7日目は地下鉄でマドリード中心部まで出かけ、街歩きを楽しみました。

 

実は、7日目がマドリード街歩きのクライマックス。

 

この日は、マドリード王宮、デボー神殿、サン・ミゲル市場、夕焼けスポットなどの観光名所を巡りましたが、それ以外にも魅力的な場所にたくさん出会えたので、7日目も数回に分けて紹介します。

 

今回は、バルに囲まれたサンタ・アナ広場周辺のお洒落なお店についてです。

 

 

前回の滞在記はこちら

2度目のマドリード滞在記 6日目⑤ 日帰りで世界遺産の街「セゴビア」へ 帰路編 - ¡el BLANCO!

 

これまでの滞在記はこちら

Spain travel カテゴリーの記事一覧 - ¡el BLANCO!

  

ホテル近くのカフェ

前日はセゴビア日帰り旅行。

 

マドリードから30分で行ける街ですが、街の素晴らしさにランチをとることも忘れてしまうほどひたすら歩き続けたため、さすがに疲れてしまいました。

 

翌日の朝食は宿泊していたアパートメントホテルではなく、近くのカフェでいただきました。

 

 

イートインができるお洒落なパン屋さん

Granier(グラニエ)

 

 

 

スペインに170以上の店舗があるチェーン店で、そのうち約20はマドリードにあるとのこと。

 

こちらは、アパートメントホテル近くのお店。

 

 

 

営業時間: 7時00分~21時30分

 

何も作りたくない朝ってありますよね。

こういう時、朝早くから営業しているカフェがすぐ近くにあるのはとてもありがたいこと。

 

  • 私:コーヒー&チュロス
  • ダンナさん:ホットチョコレート&クロワッサン

 

 

いま、レシートをみてビックリしています。

CAFE + CHURROS (1.7€)
CHOCOLATE + CROISSANT (2.05€)

毎日通えるお値段ではないでしょうか(笑)

 

チョコレートはチュロスにはもちろん、クロワッサンにつけて食べても大変美味です^^ 

 

 

チュロスについて書いていて思い出しました。

 

お店の前を通っただけですが、マドリードにしかない美味しいチュロス屋さん、Chocolateria San Gines(チョコラテリア・サン・ヒネス)についての記事はこちら。

 

www.encanta-europa10.com

 

公式サイト

chocolateriasangines.com

マドリード中心部へ 

朝食を食べ終えてホテルに戻り、落ち着いたところで出発。

 

地下鉄に乗り、マドリード中心部のSol(ソル)駅で下車しました。

 

ソルから街歩きスタートです。

 

 

 

どの道を歩いていても楽しいマドリード。

 

 

 

マドリード旧市街の建物の壁には、その通りの名前と絵が描かれたタイルが埋め込まれています。

 

Calle de Núñez de Arce
(ヌニェス・デ・アルセ通り)

 

Gaspar Núñez de Arce

(1834年 - 1903年)

 

スペインの詩人、劇作家、政治家

ノーベル文学賞に5回推薦

  

この通りを進んだ先が、バルに囲まれた広場「Plaza de Santa Ana(サンタ・アナ広場)」

 

 

 

 

 

綺麗な広場でした。

のんびりした空気に包まれていますね。

フラメンコの歴史に残る名店

広場周辺をのんびり歩いていますと、素敵な通りが見えました。

 

 

まるで美術館のよう。

外壁の美しいタイル画に目を奪われます。

 

 

 

シベーレスの女神さま!

冒頭のアイキャッチ画像に使いました。

 

 

 

シベーレス広場を訪れたときの記事はこちら。

 

www.encanta-europa10.com

 

 

こちらはレティーロ公園かな。

 

 

 

レティーロ公園を訪れたときの記事はこちら。

 

www.encanta-europa10.com

 

 

シベーレス広場やレティーロ公園を訪れたときのことを思い出しながら建物の周りをフラフラ歩いていると、なんと!

 

この美しい建物の正体は、フラメンコの歴史に残る名店だったのです。

 

 

Tablao Flamenco Villa Rosa
(タブラオ フラメンコ ビジャ・ロサ)

 

Tablao Flamenco Villa Rosa

 

タイル画だけではなく、歴史が感じられる装飾にも注目です。

Tablao(タブラオ)とは、フラメンコ用の板張り舞台が備えられたバルやレストランのこと。

 

1911年に創業したこのお店は著名人も多く訪れ、ガイドブックにも載っている名店です。

 

タブラオの開店時間は通常のバルやレストランより遅めなので、 夜でも人通りが多いエリアは帰りも安心ですね。

 

公式サイト

www.tablaoflamencovillarosa.com

 

 

余談ですが、子どもの頃にピアノとクラシックバレエを習っていた私は、昔も今も音楽と踊りの世界が大好き。

 

もちろん、フラメンコもそのうちのひとつ。

 

この滞在ではフラメンコ鑑賞はしませんでしたが、前回の滞在では小さなタブラオを訪れました。

 

せっかくなので、前回訪れたときの写真をこの場を借りて貼っておきます。

 

 

Flamenco La Quimera
(フラメンコ ラ・キメラ)

 

オレンジ色の壁と黒い看板。

お洒落で、いかにもスペインな外観です。

 

Flamenco La Quimera

  

フラメンコ用の板張り舞台。

 

上2枚は2016年11月撮影  

 

 

当たり前ですが、日本で観るフラメンコより情熱的でステージまでの距離がとても近かったです。

 

日本ではあまり観られない男性ダンサーの小刻みなステップには鳥肌がたちました。

 

ダンナさんは、「貧乏揺すりより早い!」なんて、聞いたことのない感想を述べておりましたが^^;

 

このお店はマドリード中心部から離れていますが、観光客が多かったです。

 

私たちの隣のテーブルはフランス人グループでした。

 

ホテルからお店まで送迎もしてくれるので夜遅くなっても安心です。

 

地図

 

 

前回宿泊したホテルもレアル・マドリードのスタジアムから近い場所でした。

 

お店は、スタジアム周辺とマドリード中心部の中間にあります。

 

公式サイト

www.tablaolaquimera.com

 

 

私たちが実際に訪れた「La Quimera」の話が長くなってしまいましたが、次にマドリードに滞在するときはレアル・マドリードのスタジアム周辺ではなく中心部に滞在し、先に紹介した名店「Villa Rosa」でフラメンコ鑑賞をしたいと考えています^^

 

 

フラメンコの話から少し逸れてしまいますが、実は今年3月にレアル・マドリードを指揮する監督がジダンに変わってから恐れていたことが現実のものになってしまい、応援していた選手たちが戦力外通告をされ移籍してしまいました。

 

そんなワケで、何人か好きな選手はいますがジダンが指揮するチームを応援する気持ちにはなれないため、今シーズンはクラブではなく選手単位で応援することにしました。

 

フットボールをはじめとするスポーツは、どうしても感情(というより激情)に支配されやすいものです。

 

最近、そのような状況に少し疲れを感じていたのかも。

 

ニュートラルな状態で応援するスタイルのほうが自分にも合っているような気がします(笑)

 

バルいろいろ

サンタ・アナ広場周辺のお洒落なバル。

 

飲んだり食べたりはしておりませんが、記念に写真を載せておきます。 

 

Restaurante Cervecería Naturbier

 

 

シックな外観がとても好みのお店。

美味しいビールがいただけるようです。

 

Cervecería Santa Ana

 

 

 

1985年創業の、世界中のあらゆる種類のビールが楽しめるお店。

 

タパスも美味しいそうです。

 

外からビールのショーケースを眺められるのが楽しいですね。

 

 

 

日本で本格的なスペイン料理が食べられるお店「EL Castellano(エル・カステリャーノ)」でも取り扱っている「Cruzcampo(クルスカンポ)」を発見。

 

赤いラベルがスペインらしい。

 

※ 2017年12月 EL Castellanoにて

 

公式サイト

www.el-castellano.jp

 

Cruzcampo(クルスカンポ)は、アンダルシア州の州都であるセビリアに誕生して以来、多くのスペイン人の支持を受け、世界中に輸出されているスペインを代表するビールブランドです。

名前はセビリアにある寺院「Cruz del Campo(クルス・デル・カンポ)」に由来し、スペイン語でCruz(クルス)は十字架、Campo(カンポ)は野原、草原を意味します。

 

薄い黄金色が華やかで、のど越しもさわやか。

 

とても飲みやすいビールです。

 

 

スペインを代表するビールブランドといえば、Mahou(マオウ)も有名ですね。

 

マドリードの街ではMahou(マオウ)をよく見かけました。

 

レアル・マドリードのスポンサーにもなっています。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Beer_Lovers_GEさん(@beer_lovers_ge)がシェアした投稿 -

 

ビールの話が長くなりましたが、最後にお店「Cervecería Santa Ana」の公式サイトを貼っておきます。

 

公式サイト

cerveceriasantaana.com

 

Cervecería Alemana

 

 

こちらも中には入ってはおりませんが、ドイツビールのお店です。

 

テイクアウトができるお惣菜でしょうか?

とても美味しそうです^^

 

 

トルティージャ(スペイン風オムレツ)発見!

 

 

公式サイト

www.cerveceriaalemana.com

地図

地下鉄Sol(ソル)駅から、Plaza de Santa Ana(サンタ・アナ広場)周辺を歩いたルートを載せておきます。

 

 

 

次は、ランチをしたスペインのチェーン店を紹介したいと思います。

 

 

数あるブログの中から、当ブログを訪れていただきありがとうございました。

 

また、ブックマークをしていただき感謝しております。

 

引き続き、暮らすように旅するマドリードをお楽しみいただけると幸いです。

 

 

¡Hasta luego! (またね)

 

 

Madoriでした (´ー`)  

 

※ Twitterやめましたm(__)m

-Spain travel, Travel

© 2021 el BLANCO Powered by AFFINGER5