el BLANCO

Our trip and my favorite things

次のフランス旅行はパリ滞在に決定!

f:id:lavieenrose0427:20191001144153j:image

Beautiful Free Images & Pictures | Unsplash

 

Bonjour !

Madoriです _φ(・_・

  

  

次の旅行が決まりました!

3泊5日 フランスの首都パリ

 

行くのは11月。

あと1ヶ月です。

 

実はこの旅、急に決めました。

というのは、次の旅行先は既にフランスに決定していたのですが、 訪れるのは来年2020年の6月頃を予定していました。

 

予定していた旅程は、パリ2泊 → 南仏4〜5泊。

 

南仏でのんびり過ごしたいけれど、やはり首都のパリも少しだけ見ておきたいよねぇというのが理由。

 

何なら、パリは1泊でもいいかな!?

くらい思っていました。

 

ですが、今回はパリを満喫する旅に決定。

 

とある事情があり旅程を早めたこと。

 

急に決めたことなので仕事の調整など長期滞在が難しいこと。

 

とある事情がヘビーすぎて、気分転換が必要だったこと。

 

気分転換も、リラックスより刺激を求めたこと。

 

などの理由から、パリにしました。

 

なんか、これまでパリに対してはツンデレなことばかり語ってきましたが、実は夢にまで出てくるほど憧れの大好きな街なのですよ。

 

むしろ好きすぎて慎重になっていたというのが合ってるかな。笑

 

ダンナさんのクロアチアもそんな感じ。

 

だから、ダンナさんもクロアチアはまだ訪れたことがありません。

 

パリ、ガイドブックやSNSではキラキラしたところが目立ちますが、治安が悪いところがどうしても不安で、そのことでパリを嫌いになったらどうしようと考えたこともありました。

 

嫌いになるくらいなら行かないほうがいい・・・みたいなね^^;

 

 

でも、やはり子どもの頃からいつか必ず訪れたいと夢みたパリ。

 

f:id:lavieenrose0427:20191001144150j:imageBeautiful Free Images & Pictures | Unsplash

 

 

パリは本当に夢によく出てくるのですよ。

夢の中に出てきたパリがまさにこんな感じ。

エッフェル塔に近づけそうで近づけないという。笑

 

 

滞在日数は少ないですが、ようやく念願が叶いました。

 

 

 

比較サイトを徹底的に分析した結果、航空券とホテルは別々に手配しました。

 

別々がいちばん私たちにとってコストパフォーマンスが良かったのです。

 

短い滞在なので、これまでのマドリードのように暮らすような旅の実現は難しいですが、できるだけ満喫できるようなプランにしたいね、と。

 

フライトはエールフランス 航空。

 

  • 往復ともに羽田発着のパリ直行便
  • パリ早朝着 帰国は最終便

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Air Franceさん(@airfrance)がシェアした投稿 -

 

 

パリ=シャルル・ド・ゴール空港(CDG)からパリ市内までの移動は、悪名高い「RER B線」を利用し「リュクサンブール駅」で下車することにしました。

 

RER B線

 

RER B線はRER(Réseau express régional d'Île-de-France、イル=ド=フランス地域圏急行鉄道網)の5つの路線のうちの1つである。

B線は南北方向の幹線である。シャルル・ド・ゴール空港とオルリー空港を結ぶ役割や、パリ市内などから両空港へのアクセスを確保する役割もある。空港利用客を狙った強盗やスリといった犯罪が多発している路線であり、在フランス日本国大使館が被害事例を添えて注意喚起を行なっている。

 

引用元:RER B線 - Wikipedia

 

 

ちょっとひとり言。 

ナチス占領下のフランスを救った英雄のひとりでもあるお方に失礼ですが、シャルル・ド・ゴールさん、クルトワに何となく似ていません!?

 

Embed from Getty Images

 

 

ティボー・クルトワ
(レアル・マドリードの正GK)

Embed from Getty Images

 

 

CDGからパリ市内までの移動、はじめはロワシーバスを考えていました。

 

バスの停留所がオペラ座の近くということで、ホテルもオペラ界隈で探していたのです。

 

ですが、色々調べていると、

 

  • パリは右岸のほうが治安が悪い
  • バス停留所あたりに不審者がいる
  • ロワシーバスは渋滞中に狙われやすい
  • 中心地でも右岸のほうが観光客狙いの軽犯罪が多い

 

ならばタクシーと思うものの、渋滞中に窓ガラスを割られてバッグを取られてしまうという被害報告も。怖

 

それなら、CDGと市内を結ぶ別ルートのバス「ル・ビュス・ディレクト」ならどうだろうと考えるも、そもそも私は道路渋滞が苦手(おい)。

 

自分で運転するならいいのだけども。

 

それに、1時間で行ける場所が渋滞で2時間もかかるとか耐えられない。。。

 

バスにトイレは無いというし。

 

と、悶々と悩んだ結果、ホテルはオペラ界隈もバス到着地から最寄りも諦め、パリ市内への移動はRER B線利用で左岸のサン・ジェルマン・デ・プレ界隈に宿泊することに決めました。

 

RER B線のリュクサンブール駅で降り、ホテルまでは徒歩5分です。

 

RER B線は治安の悪い場所を通る路線らしいですが、急行に乗ればCDGからパリ中心駅までノンストップとのこと。

 

急行にしか乗らない!

前提で利用することにしました。

そして、乗っている間は常に警戒態勢で。

 

これくらい気をつけていれば大丈夫でしょう。

 

それに、RERって良識のあるフランス市民も通勤や通学に普通に利用している電車とのこと。

 

 

ホテルについて。

 

私たちが滞在するホテルは6区のサン・ジェルマン・デ・プレ界隈ですが、5区のカルチェ・ラタン界隈がすぐ近く。

 

リュクサンブール公園まで徒歩5分でとても好立地。

 

Google Mapのストリートビューをみても綺麗で落ち着いていて、ここなら安心して滞在できそうと思った次第であります^^

 

f:id:lavieenrose0427:20191001144159j:image

 

 

 

歴史あるサン・ジェルマン・デ・プレ界隈のカフェ。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Café de Flore Paris officialさん(@lecafedeflore)がシェアした投稿 -

 

 

それにしてもパリはホテルが高い。

マドリードの2倍の価格でしかも狭い。

 

平均1泊25,000円なんだもん。

 

ホテル選びにはとても難航しましたが、何とかそれほど高くない素敵な4つ星ホテルが確保できました^^

 

無事に航空券とホテルが手配できたので、これからは短い滞在でどれだけ楽しめるかの計画を立てたいと思います。

 

余談ですが、私たちがホテルを予約した翌日に値上がりしていました^^;

 

予約したのが土曜日。

翌日の日曜日に料金が上がっていたのです。

 

タイミング良すぎるし。

これはもう、私たちがパリに呼ばれているとしか思えない。

 

超ポジティブ。笑

 

 

夏の間に健康診断、婦人科検診、歯科検診、胃がん検診などなど済ませて問題なかったので、安心して飛ぶことができそう。

 

あとは、インフルエンザに気をつけなければですね。

 

(今年は既にかかっている人がいるそう)

 

 

明日は以下を遂行するべし。

 

  • パスポートセンターに行く
  • たびレジ登録

 

「たびレジ」とは、外務省からの最新の安全情報を日本語で受信できる
海外安全情報無料配信サービスです。

 

引用元:たびレジ - 外務省 海外安全情報配信サービス

 

f:id:lavieenrose0427:20191001144156j:image

Beautiful Free Images & Pictures | Unsplash

 

 

数あるブログの中から、当ブログを訪れていただきありがとうございました。

 

また、読者登録をしていただきありがとうございます。

 

 

À bientôt ! (またね)

 

 

Madoriでした (´ー`)  

 

 

南仏滞在記はこちら

France travel カテゴリーの記事一覧 - el BLANCO