el BLANCO

Our trip and my favorite things

【封鎖措置5月11日まで延長】マクロン大統領のテレビ演説を書きおこしてみました

f:id:lavieenrose0427:20200414145739j:image

 

こんにちは、Madoriです。

 

 

今日は4月15日。

ノートルダム大聖堂の大火災からちょうど一年が経ちました。 

 

 

冒頭の写真は「Sénat(フランス元老院議事堂)」。

 

前回のテレビ演説書きおこしの際にも使用したアイキャッチ画像です。

 

こちらは2回目のスピーチで、3月16日にフランス全土での外出制限を発表したときのものです。

 

www.encanta-europa10.com

 

 

今回は、コロナ危機が始まってから4回目のスピーチを生中継で行いました。

 

私の感想などはなく、ただひたすら日本語とフランス語を入力したものになります。

 

ただ、この作業・・・マクロン大統領への敬愛の念とフランス愛、フランス語愛がなければできない作業でした。

 

そして、このテレビ演説は、94.4%のフランス人がテレビを観ていたとの報告がありました。

 

凄い視聴率ですね!!

 

 

テレビ演説の動画

YouTubeの動画は27分と長いです。

私が書きおこしの際に視聴した動画は、日本で編集された少し短い内容のものになります。

 

Déclaration du président de la république
共和国大統領による宣言 

 

Emmanuel Macron - YouTube 

日本語

通訳

  • 岡本和子さん
  • 木山美穂さん

親愛なる国民のみなさま、私たちは今、厳しい日々を強いられています。

 

誰もがこの恐ろしい目に見えない予測不能のウイルスを前に不安・恐怖を抱え、親の身、己の身を案じています。

 

疲労、倦怠感を感じている人、喪に服し悲しみを抱えている人もいます。

 

また、複数で狭いアパートで暮らしている人たち、勉強するため気を紛らわせるため、コミュニケーションをとるための道具を自宅に持ち合わせていない人たちにとって特に大変な日々だと思います。

 

同じ空間において緊張した人間関係が生じ、家庭内暴力のリスクの中で生活している方々にとってもそうです。

 

そして、孤独の中で耐えている高齢者の方々のことも忘れてはなりません。

 

しかし、私たちは日々、努力の陰で前進しています。

 

公共サービス、医療関係、医師、看護師、介護士、救急隊、兵士、消防隊員の皆さんは、命をかけるために、助けるために最前線で全力を尽くしてくださっています。

 

フランスの病院は、運びこまれた全ての患者に治療を施すことができました。

 

これまでの日々、この数週間のあいだの彼らの奮闘に敬意を表します。

 

また、農業者のみなさん、教職員、トラック運転手、郵便配達員、電気工、レジ係、ゴミ収集係、公共サービス、ジャーナリスト、福祉サービス、市長、地方議員など、本当に多くの方々が国民の協力を得ながらこの国の日常生活が続くことを可能にしてくれました。

 

国民の一人一人が公民精神を発揮し、外出制限を守り、警察の力もありますが、おかげさまで感染の勢いが若干収まってきています。

 

成果は出ています。

感染者が出ていない地方もあります。

集中治療室に入院する患者の数も減ってきています。

 

希望が見えてきました。

この場を借りてみなさまに、みなさまの懸命な努力に深く感謝したいと思います。

 

みなさま、ここ数日、さまざまな方々の意見を伺い、本日こうしてみなさまにメッセージを送ろうと決めたのは、これからの数週間、数か月間、我々を待ち受けていることをお伝えしたかったからです。

 

希望は見えてきましたが、まだ何も終わってはいません。

 

グラン・テスト地域圏、イル・ド・フランス地域圏の病院は満杯状態です。

 

フランス本土でも海外圏でも医療制度は極めて緊迫した状況下にあり、感染拡大はまだ抑えられていません。

 

そのため、努力の継続が必要であり、これまでのルールを守り続けなければいけません。

 

しっかり守れば守るほど命が救われます。

 

そのため、厳格な外出制限は5月11日(月)まで続きます。

 

これが唯一の効果的な対処方法なのです。

 

ウイルスの感染拡大を抑制するため、病院の集中治療室をパンクさせないため、医療関係者の負担を軽減するためには、これが唯一の対処方法です。

 

5月11日に外出制限を解除するには私たちが責任ある行動を取り、きちんとルールを守り、感染者の数が減少し続けていることが前提条件になります。

 

5月11日は新しい段階の始まりとなります。

 

徐々に新しい段階に移行します。

新しい規則が結果に基づいて定められることになるでしょう。

 

一番の目的は常に全国民の健康です。

5月11日以降、保育園、小学校、中学校、高校を徐々に再開します。

 

これは私にとって最重要課題です。

というのも、現在の状況により不平等が広がっているからです。

 

特に下町地区や農村地帯では、学校に行けずインターネットへのアクセスも無く、両親から十分な教育の手助けを受けられない子どもが大勢います。

 

今の状況下では、住宅や家族関係の不平等もより深刻になっています。

 

だからこそ、学校の再開が必要なのです。

 

政府は、協議を通じ特別な規則を設け、通常とは違う場所や時間割を整え必要な物資を提供して子どもや教師をしっかり守ります。

 

高等教育の学生たちにとっては、授業再開は早くても夏になるでしょう。

 

政府はそれぞれに対しとりわけ試験の実施などに必要な適切な対策を明確に示します。

 

5月11日にはまた、多くの人々が仕事を再開できるでしょう。

 

工場の操業や商店やサービス業の営業も再開します。

 

政府は速やかに労使双方と協力し、職場で従業員を守るための新しい規則が制定されるよう企業活動の再開の準備を行います。

 

これは優先事項です。

 

一方、一般の人々が集まる場所、レストランやカフェやホテル、映画館、劇場、イベントホール、美術館・博物館の休業閉鎖は5月11日以降も継続されます。

 

多くの人々が集まる大規模なフェスティバルやイベントは、早くても7月半ばまでは開催されません。

 

状況は5月半ば以降毎週関係者が集まって評価し、見直し、国民のみなさまにお知らせします。

 

安全のため、高齢者や高度な障害や慢性病をもつ方など身体の弱い方は、5月11日以降も自宅に留まり、しばらくは外出を控えるようお願いします。

 

私がお願いしていることが、どれほど辛いことかは承知しています。

 

今後5月11日までの間に、その期間ができるだけ過ごしやすいものとなるように対策を考えます。

 

しかし、ご自身のためにも我慢してください。

 

私たちは今、個人的、集団的危機の時代を生きています。

 

その時代を受け入れましょう。

それは私たちに、私たちが弱い存在であることを思い起こさせます。

 

私たちが信じていたことの中に正解を見つけようとしてはなりません。

 

ありきたりのやり方や、既存のイデオロギーから抜け出し、自らが率先して新しい道を見つけましょう。

 

今回の危機の中に、チャンスがあります。

 

再び一団となって思いやりの心を持ち、融和の中でのフランスの新たな生き方、共に生きる理由を見いだしましょう。

 

今後、私は、国内のあらゆる人々と協力し、それを可能にする道を描く努力を行います。

 

国民のみなさま、事態は必ず改善します。

 

幸せな日々は戻ってきます。

私は、それを信じています。

 

私たちを今支えてくれている美徳が、私たちが未来を築く手助けをしてくれます。

 

それは私たちの連帯であり、信頼であり、意志です。

 

どうぞ、お身体に気をつけて、互いに労わりあいましょう。

 

そして、頑張りましょう。


フランス共和国、万歳!

辻仁成さんの日記 

外務省からの概要

1 ここ数日,患者数減少等の希望が見えてきたが,医療施設は引き続き飽和状況にあり,努力を継続する必要がある。5月11日(月)まで,今と同レベルの厳しい外出制限を維持する。仏国内全土において同様の措置がとられる必要がある。

2 5月11日から,託児所と小中高校は,段階的に再開する。高等教育機関は夏までは引き続き遠隔での開講となる。

3 5月11日になっても,レストラン,バー,映画館,劇場,博物館等は引き続き閉鎖する。イベントや集会などは7月中旬までは禁止。5月中旬以降,毎週,状況をみて措置を適応させていく。

4 5月11日から,症状のある全ての人に対しテストを実施できるようになる。陽性者は隔離され,治療を受ける。5月11日から,大衆用マスク(masque grand public)を全ての国民に配布する。

5 今後15日以内に,「5月11日」後の計画をお見せする。

6 EU国境は新たな決定まで閉鎖継続。

7 更なる経済政策が必要。観光業,ホテル業,飲食業等,経済的打撃の大きい部門に対しては特別な措置がとられる。4月15日の閣議以降,必要な措置を決めていく。

8 ワクチン開発を目指し,研究に一層の投資を行う。フランスは欧州で最大の数の臨床実験をしている。治療方法を見つけるために継続していく。

9 アフリカがコロナウィルスに効率的に闘えるように支援するべき。経済面でもそれが必要であり,負債の帳消し等が考えられる。

 

引用元:外務省 海外安全ホームページ|現地大使館・総領事館からの安全情報 詳細

フランス語

Françaises, Français, mes chers compatriotes, nous sommes en train de vivre des jours difficiles.


Nous ressentons tous en ce moment la peur, l'angoisse, pour nos parents, pour nous-mêmes, face à ce virus redoutable, invisible, imprévisible.


La fatigue et la lassitude pour certains, le deuil et le chagrin pour d'autres.


Cette période est encore plus difficile à vivre lorsqu'on habite à plusieurs dans un appartement exigu, qu'on ne dispose pas chez soi des moyens de communication nécessaires pour apprendre, se distraire, échanger, encore plus difficile à vivre losque les tensions sont là, que les risques de violence dans la famille scandent le quotidien.


Et nous mesurons tous dans cette période la solitude et la tristesse de nos aînés.


Et pourtant, grâce à nos efforts, chaque jour nous avons progressé.


Nos fonctionnaires et personnelsde sante, médecins, infirmiers, aide-soignants, ambulanciers, secouristes, militaires, pompiers, ont donné dans cette première ligne toute leur énergie pour soigner des vies et soigner, ils ont tenu.

 

Les hôpitaux français ont réussi à soigner tous ceux qui s'y presentaient.


Ces journées, ces semaines ont été et resteront l'honneur de soignants, en ville comme à l'hôpital.


Dans la deuxième ligne, nos agriculteurs, enseignants, chauffeurs routiers, livreurs, manutentionnaires, caissiers, eboueurs, fonctionnaires, journalistes, travailleurs sociaux, maires, élus locaux, et j'en oublie tellement, aidés par tant de Français qui se sont engagés, tous ont permis à la vie de continuer, au fond.


Et chacun d'entre vous dans ce que j'ai appelé cette troisième ligne, chacun d'entre vous par votre civisme, en respectant les règles de confinement, grâce à aussi à la vigilance de nos policiers et gendarmes, vous avez fait que l'épidémie commence à marquer le pas.


Les résultats sont là, plusieurs régions ont pu être épargnées, depuis quelques jours, les entrées en réanimation diminuent, l'espoir renaît.


Et je voux ce soir vous remercier très chaleureusement pour ce dévouement et vous dire toute ma reconnaissance.

 

Nous devrons nous en souvenir, car, ce sont autant de forces pour le futur.


Si je tenais à m'adredder à vous ce soir, après avoir largement consulté ces derniers jours, c'est pour vous dire ce qui nous attend dans les prochaines semaines et prochains mois.


L'espoir renaît, mais rien n'est acquis.
Dans le Grand Est comme en Ile-de-France, les services hospitaliers sont saturés.
Partout, en hexagone comme dans les Outre-mer, le sustème est sous tension.


Et l'é pidémie n'est pas encore maîtrisée.


Nous devons donc poursuivre nos efforts et continuer d'appliquer les régles.


Plus elles seront respectées, plus nous sauverons de vies.


Cest pour cela que le confinement le plus strict doit encore se poursuivre jusqu'au lundi 11 mai.


C'est durant sette période le seul moyen d'agir efficacement.


C'est la condition pour ralentir encore davantage la propagation du virus, réussir, à retrouver des places disponibles en réanimation et permettre à nos soignants de reconstituer leurs forces.

 

Le 11 mai prochain sera le début d'une nouvelle étape.


Elle sera progressive, les règles pourront être adaptées en fonction de nos résultats, car l'objectif premier demeure la santé de tous les Français.


A partir du 11 mai, nous rouvrirons progressivement les crèches, écoles, collrèges, lycées.


C'est pour moi une priorité, car la situation actuelle creuse des inégalités.


Trop d'enfants, notamment dans les quartiers populaires, dans nos campagnes, sont privés d'école, sans avoir accès au numérique, et ne peuvent être aidés de la même manière par les parents.


Dans cette période, les inégalités de logement, entre familles, sont encore plus marquées.


C'est pourquoi nos enfants doivent pouvoir retrouver le chemin des classes.


Le gouvernement dans la concertation aura à aménager des règles particulières, à organiser différemment le temps et l'espace, bien protéger nos enseignants et nos enfants avec le matériel nécessaire.


Pour les étudiants de l'enseignement supérieur, les cours ne reprendront pas physiquement jusqu'à l'été.


Le gouvernement précisera pour chacun la bonne organisation qui sera nécessaire en particulier pour les examens et les concours.


Le 11 mai, il s'agira aussi de permettre au plus grand nombre de retourner travailler, redémarrer notre industrie, nos commerces et services.


Le gouvernement préparera sans délai ces réouvertures, avec des règles pour protéger les salariés au travail, c'est la priorité.


Les lieux rassemblant du public, restaurants, cafés, hôtels, cinémas, théâtres, salles de spectacle et musées, resteront en revanche fermés à ce stage.


Les grands festivals et événements avec un public nombreux ne pourrint se tenir au moins jusqu'à mi-juillet prochain.


La situation sera collectivement évaluée à partir de mi-mai, chaquesemaine, pour adapter les choses et vous donner de la visibilite.


Pour leur protection, nous demanderons aux personnes les plus vulnérables, les personnes âgées, ou en situation de handicap sévères, ou atteints de maladies chroniques, de rester même après le 11 mai, confinés.


Je mesure ce que je vous demande, et nous allons travailler à rendre ce temps plus supportable pour vous.


Le moment que nous vivons est un ébranlement, intime, et collectif.


Sachons le vivre comme tel.
Il nous rappelle que nous sommes vulnérables, nous l'avions sans doute oublié.


Et ne cherche pas tout de suite à y trouver la confirmation de ce en quoi nous avions toujours cru.


Sachons sortir des sentiers battus, des idéologies et nous réinventer, moi le premer.


Il y a dans cette crise une chance, nous resouder et prouver notre humanité, bâtir un autre projet dans la concorde, un projet français, une raison de vivre ensemblemprofonde.


Dans les prochaines semaines, avec toutes les composantes de notre nation, je tâcherai de dessiner ce chemin qui rend cela possible.


Mes chers compatriotes, nous aurons des jours meilleurs et nous retrouverons les jours heureux, j'en ai la convintion.


Et les vertus qui aujourd'hui nous permettent de tenir seront celles qui nous aideront à bâtir l'avenir.


Notre solidarité, notre confiance, notre volonté.


Alors prenez soin de vous, prenons soin les uns des autres, et nous tiendrons.


Vive la République, vive la France !

長かった〜(o_o)

 

f:id:lavieenrose0427:20200317184906j:plain

The Palais de l Elysee, Grand Palais and Eiffel Tower - Getty Images