Travel plan

パリ旅行計画② レ・ミゼラブルの舞台を歩く「サンポール・サンルイ教会」

2020年5月27日

Église Saint-Paul-Saint-Louis — Wikipédia

※ 今回の記事で掲載している写真は殆どお借りしました 

 

まどり
Bonjour.
Madoriです!

 

パリ旅行計画、思いつくままに記事にしてみようかと。

 

前回の滞在は、屋根のない美術館と言っても過言ではないであろう花の都パリの雰囲気をゆっくり味わうのが第一目的でした。

 

次回のパリ滞在も全体的にはそんな感じですが、ひとつ大きな目的ができました。

 

それは、文豪ヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」の舞台を歩くことです。

 

舞台は、これだけあります。

 

従って、全てを巡ることはできません。

 

ですが、私たちのお気に入りのエリアでもある、リュクサンブール〜パンテオン周辺マレ地区に多く集まっているようなので、そこを中心にディープに歩きたいと思いました。

 

今回の旅行計画は、マレ地区にある「サンポール・サンルイ教会」。

 

コゼットとマリウスが結婚式を挙げた教会です。

 

コゼットといえばのイラスト。

Les Misérables — Wikipédia

 

幼少期にとても苦労した女の子。
幸せになってよかったね〜と思いながらドラマや映画をみていました。

 

Paroisse Saint-Paul Saint-Louis
サンポール・サンルイ教会

Saint-Paul-Saint-Louis - Wikipedia

 

「サン・タントアーヌ街のサン・ポール教会堂の前には、多くの人が立ち止まって、コゼットの頭の上に震える橙花を馬車のガラス戸越しにながめていた」(レ・ミゼラブル「ジャン・バルジャン」)

引用元:2016パリ8 レ・ミゼラブルのパリ① マレ地区界隈のバスティーユとサンポール教会 - 世界、大人の社会科見学!

 

普通に街中にある教会なのですが、美しいですね。

 

パリで唯一のバロック様式の教会なんですって。

 

バロック建築は、16〜17世紀にかけて盛んだった建築様式で、建築そのものだけではなく、彫刻や絵画を含めた様々な芸術活動によって空間を構成しています。

 

複雑さや多様性を示すことを特徴とし、特に内部空間の複雑な構成は、他の建築様式とは際立った特色となっています。

 

簡単にいうと、装飾過多で華やかな雰囲気。
当時、王侯貴族が住んでいたマレ地区の真ん中にその教会はあります。

 

  • 着工 1627年
  • 完成 1641年

 

ヴィクトル・ユゴーが住んでいた場所(現在はヴィクトル・ユゴー 記念館になっています)からも近いです。

 

実は、後から気づいたことなのですが、前回のパリ旅行で、サンポール・サンルイ教会の近くを歩いていたようなのです。

 

この写真です。
教会の頭がひょっこり写っていました。笑

(赤丸で囲っています)

Madori撮影

 

通りの名前は「Rue Saint-Antoine(サン=タントワーヌ通り) 」。

 

バスティーユ広場に繋がる道です。
私たちは、教会と反対方向に向かって歩いていたのです。

 

写真は、おそらく振り返って撮ったものだと思われます。

 

もし、教会の目の前を通っていたら、きっと立ち寄っていたでしょう。

 

散策ルート

バスティーユ広場を出発点にして、途中ヴォージュ広場やヴィクトル・ユゴー記念館、シュリー館に寄りながら、サンポール・サンルイ教会を目指したいと思います。

 

  • Place de la Bastille
    バスティーユ広場
  • Maison de Victor Hugo
    ヴィクトル・ユゴー記念館
  • Place des Vosges
    ヴォージュ広場
  • Hotel de Sully
    シュリー館
  • Paroisse Saint-Paul Saint-Louis
    サンポール・サンルイ教会 

 

教会の住所と開館時間はこちら。

  • 99 Rue St. Antoine, 75004 Paris
  • 8:00〜19:00

教会のサイト

 

レ・ミゼラブルについて(フランス語)

 

レ・ミゼラブル〔全4冊セット〕 (岩波文庫)

レ・ミゼラブル〔全4冊セット〕 (岩波文庫)

  • 作者:ユーゴー
  • 発売日: 2003/09/09
  • メディア: 文庫

 

数あるブログの中から、当ブログを訪れていただきありがとうございました。

 

また、ブックマークも感謝しております。

 

Merci. Au revoir. À bientôt !
(ありがとう、またね)

-Travel plan

Copyright © el BLANCO , All Rights Reserved.