Paris

パリ滞在記 2日目① ノートルダム大聖堂を眺めながらブキニストでお買い物!サン・ミッシェル界隈街歩き

2020年1月30日

 

まどり
Bonjour.
Madoriです!

 

パリ滞在記の続きです。

 

11回に及ぶ長い1日目をようやく終え、今回からは2日目滞在の思い出を綴ります。

 

前回の滞在記はこちら

パリ滞在記 1日目⑪ 【1日目最終回】散策が楽しいサン・ジェルマン・デ・プレ界隈〜ホテルへ

続きを見る

 

2日目の朝

 

前日の滞在1日目は、早朝にパリに到着したにもかかわらずハードに街歩きを楽しみました。

 

その心地よい疲れと寝具の質が良かったおかげで、ホテルでは朝までグッスリ熟睡することができました。

 

いつも海外旅行をすると、滞在の前半は時差ボケの影響か早朝に目が覚めたりするのですが、今回は時差ボケを全く感じることがありませんでした。

 

軽くお化粧をして、朝食を食べに行きます。
今回の旅は、ホテルの朝食付きにしました。

 

こちらが、朝食をいただくレストランです。

 

あいにく朝食時の写真を滞在中1枚も撮りませんでした。

 

朝食はセルフで、並べられた物をお皿に自由に盛りつけます。

写真引用元:Hôtel Trianon Rive Gauche Paris Site Officiel Saint Germain des Prés

 

フランスに来たんだなぁと実感した瞬間。

 

バケットが2種類並べられており、自分で包丁で好きなだけ切り分けるスタイルなのです。

 

バターも小包装ではなく、大きなバターがドンと置かれており、自分でバターナイフで使う分を切り分けます。

 

まどり
フランスは、やっぱりパンとバターが美味しい。

 

ダンナさん
うん。朝食がセルフ方式だと食べすぎてしまうね。

 

ですが、朝食をたくさんいただくと昼食をスキップできるので節約にもなります。笑

 

代わりに、街歩きの途中でスイーツを楽しんだりします。

 

ホテルの朝食は四つ星なだけあり、どれも美味しかったです。

 

そして、生搾りオレンジジュースを飲むためのジューサーがありました。

 

やはり、生搾りストレートオレンジジュースは美味しく、毎朝飲んでいました。

 

レストランの客層もよかったです。
ビジネスマンが殆どでしたが、旅行客もちらほら。

 

この日は、私たち以外にはフランス人親子2人でした。

 

お母さんと娘。
この親子がとても美しく、まるで映画や絵画を観ているようでした。

 

お母さんは40代くらい。
細身で金髪のベリーショート。
そして、超がつくほどの美人。
女の子は小学生くらい。

 

ボブスタイルの綺麗な栗色の髪は、前髪を眉の上でまっすぐに切りそろえられており、絵に描いたようなパリジェンヌ。

 

レストランの鏡に映るフランス人形のような端正な自分の顔をジーッと眺めていてとても可愛かったです。

 

カメラは部屋に置いてきてしまいましたが、持ってきていたら思わずこの親子に「写真を撮らせていただけませんか?」と、声をかけていたでしょう。

 

まどり
それくらい可愛かった。

 

ちなみに、アジア人の宿泊客は滞在の全日私たちだけでした。

 

ホテルは静かな空間が保たれていました。

 

レストランでゆっくり食事を楽しんだあとは、一旦部屋に戻り身なりを整え街歩きに繰り出します。

 

ホテルを出発したのは、確かAM10:00くらいです。

 

近所と言ってしまいたいほど、ホテルからとても近い距離にあるソルボンヌ大学

 

ホテルの住所は6区ですが、ソルボンヌ大学のある学生街カルチェ・ラタンは5区にあります。

 

ここを毎朝通ります。

 

1枚目はミラーレス一眼。
2枚目はコンデジで撮影。

 

前日の反省から、滞在2日目はカメラの充電池の予備を持っていきました。

 

ミラーレスとコンデジの写真が混ぜこぜですが、これから街歩きの写真をたくさん載せていきます。

 

スマホでは違いが殆どわかりませんが、PCやタブレットで画像をみるとコンデジで撮影した写真にうっすらと縦線のようなノイズが入っているので、わかりやすいかもしれません。

 

サン・ミッシェル通り

 

2日目パリ街歩きのスタートです。

 

この日は大まかに以下を予定していました。

  • シテ島
  • マレ地区
  • バスティーユ界隈
  • アレクサンドル3世橋(リベンジ)

 

アレクサンドル3世橋は時間がなくリベンジが叶いませんでした。

 

今回は、ホテルからシテ島まで街歩きした時のことを紹介します。

 

ホテルからシテ島までは、サン・ミッシェル通りからサン・ミッシェル橋を渡って12分ほど。

 

まどり
歩いても近かったです。

 

ここから数枚は、サン・ミッシェル通りの道中写真を載せていきます。

 

ローカル感あふれる古本屋さん。

 

お店の赤い屋根が、無彩色なパリの街に差し色のように彩りをそえています。

 

お買い物はしませんでしたが、滞在中何度か立ち寄りました。

 

こちらの写真はトリミングをしてヴィンテージ加工をしてみました。

 

2両編成のバス。
ロワシーバス(空港からオペラ・ガルニエ前までの直通)かな?と思いましたが、ここは左岸なのでルート的に違いそう。

 

バスは「カーン」という音を鳴らして走っていました。

 

まどり
この音、どこかで聴いたことがあるね。

 

ダンナさん
路面電車の音だ!

 

そうなのです。
南仏ニースの街中で聴こえた、あの路面電車の音と全く同じだったのです。

 

あの音が好きだったので、路面電車ではなくバスですが、パリでも聴けるなんて嬉しいと更にテンションが上がる私たち。

 

まどり
南仏も恋しいなぁ。

 

南仏とパリ、どっちが好き?
という質問をたまにされますが、今は答えられないです。

 

なぜなら、どちらも大好きな街になってしまったから。

 

南仏しか知らないときの私。

 

まどり
パリは魅力的だけど、観光客が多くて治安も悪そうだし日本人だらけでゆっくり旅行気分が味わえなそう。

 

ブツブツと、こんなツンデレなことを言っておりました。

 

ダンナさん
今はむしろパリのほうが好きなんじゃない?

 

まどり
うん、そうかも。パリ、最高!

 

本当はフランス中を旅したいですが、短い滞在期間では、なかなかそうもいきません。

 

南仏とパリ以外で訪れてみたい場所は、ボルドー、リヨン、トゥールーズでしょうか。

 

やはり、南寄りが好きなのだと思います。

 

街歩きに話を戻します。

道中、メトロ10号線の「Cluny La Sorbonne(クリュニー・ラ・ソルボンヌ)」の前を通りました。

 

この地上出入り口は普通の今どきの新しい感じです。

 

ここは、ホテルからの最寄り駅でもあります。

 

ホテルからの最寄り駅は、他に4号線の「Odéon(オデオン)」もあるので、とても便利なロケーション。

 

まどり
なのに、滞在中は一度もメトロを利用しませんでした。

 

ダンナさん
初めてのパリだから用心して利用しなかったんだよね。

 

サン・ミッシェル広場

 

Place Saint-Michel
(サン・ミッシェル広場)

 

広場に出ると、目を引く建物と噴水が現れました。

 

La Fontaine Saint Michel
(サン・ミッシェルの噴水)

 

広場が建設された1855年の5年後に建設された、記念碑的な噴水のようです。

 

 

5区、カルチエ・ラタンのシンボル的存在でもあります。

 

建設当初、噴水の中央の像はナポレオン・ボナパルトをイメージしていたようですが、反対の声があり、大天使 聖ミカエル(フランス語ではサン・ミッシェル)の像になったとのこと。

 

パリジャン、パリジェンヌの左岸の待ち合わせスポットとしても有名で、噴水の周りにはいつもたくさんの人が集まっています。

 

この日も大勢の人が集まっていました。

 

注:署名詐欺らしき少女グループを発見しました。絶対に署名をしてはいけません。

 

色使いが「カルーゼル凱旋門」に似てるなぁと思い建築家を調べてみましたが、違いました。

 

こちらが、カルーゼル凱旋門。

 

広場周辺の写真も数枚載せておきましょう。

 

パリのアパルトマンのアップ。
黒いアイアンのバルコニー、やっぱりエレガントで素敵だなぁ。

 

学生街らしい、賑やかな雰囲気の路地。
思わず、可愛いパリジェンヌを撮ってしまいました。

 

同じ路地でも、モノクロにすると大人っぽい雰囲気が漂います。

 

地下鉄「サン・ミッシェル駅」

 

Station de métro Saint-Michel
(地下鉄サン・ミシェル駅)

 

ずっと観たいと思っていた、建築家 Hector Guimard(エクトール・ギマール)がデザインしたメトロ(地下鉄)の出入り口。

 

アール・ヌーボーデザインのメトロ出入り口を囲むカフェや建物、街路樹が美しかったです。

 

そして、カフェの色とコーディネートされたように赤い自転車が置かれていました。

 

自転車もメトロ出入り口の一部なのかと疑ってしまうほどのニクい演出に、「さすがパリ!」と唸ってしまいました。

 

それ以外に撮った写真も載せておきます。

 

 

ノートル・ダム大聖堂とブキニスト

 

サン・ミシェル広場からは、あの Cathédrale Notre-Dame de Paris(ノートル・ダム大聖堂)もみえます。

 

大火災で小塔が焼け落ちてしまい痛々しいですが、やはり圧倒的な存在感です。

 

セーヌ川沿いにはBouquinistes(ブキニスト)が並んでいます。

 

大聖堂を眺めながら、ブキニストで少しお買い物をすることにしました。

 

大聖堂とブキニストが一緒に写っている下の写真がお気に入りなので、2020年の年賀状にも入れました。

 

 

 

 

レトロ感あふれるパリの観光地と星の王子様のポストカードが綺麗に並べられています。

 

この中から、レトロなポストカードを10枚ほど購入しました。

 

ブキニストは現金払いで、全部で15€でした。

 

うっかりお釣りを受け取るのを忘れ、お店のマダムが驚いた表情だったのも良い思い出です。笑

 

ダンナさん
オレもビックリしたよ。

 

まどり
浮かれていたんだよね。

 

欲しいものが買えた喜びもありますが、フランス語を話す喜びのほうが大きく、会話に夢中になってしまったのでした。

 

そして、購入したのがこちら。
改めて眺めて、素敵なポストカードだなぁと。

 

このブログを書いている合間に撮った写真なので、親戚や友人に既に配ってしまったものもあるため、これだけになってしまいましたが。

 

先日会った友人は、このささやかなパリ土産をとても喜んでくれました。

 

ポストカードと一緒にミニ絵画が写っていますが、これは裏がマグネットになっています。

 

我が家の玄関の内側に付けています。
外出&帰宅のたびに、パリを思い出せるのが良いですね。

 

こちらは、ブキニストで物色しているムッシュウ。

 

サン・ミッシェル橋を渡ってシテ島へ

 

ブキニストでお買い物をしてご機嫌な私たちは、これから橋を渡ってノートル・ダム大聖堂の建つシテ島に向かいます。

 

橋の周辺は、綺麗な建物が綺麗に建ち並んでいます。

 

橋がみえてきました。
橋の向こう側に建つ立派な建物は、TGI Paris(パリ高等裁判所)です。

 

ヴェリヴ(自転車)に乗っているパリジャンを写真に捕らえました。

 

橋を渡ります。
この橋からは、フランス映画「ポンヌフの恋人」で知られる Pont Neuf(ヌフ橋)とルーヴル宮もみえます。

 

絵になる建物と絵になる夫婦。
ガイドブックに載っていない景色がみられる街歩きがたまらない。

 

反対側の景色。
先ほども紹介したノートル・ダム大聖堂の威風堂々とした姿をみることができます。

 

Pont Saint-Michel
(サン・ミッシェル橋)

 

サント・シャペルは外観のみ見学

 

この日の大きなイベントは、Sainte Chapelle(サント・シャペル)のステンドグラスを観ることでした。

 

ですが、行列のため断念しました。
上の写真ではみえづらいかもしれませんが、写真の左あたりで行列になっていました。

 

外で既にこれだけの行列ということは、かなり待たされるのではないかと思いました。

 

まどり
うーん、どうしようか?

 

ダンナさん
Madoriはどうしたいの?

 

ダンナさんは、美術館、教会などの内部には特に興味がないため全く悩んでおりませんでした。笑

 

並ぶくらいならいいや!みたいな感じです。

 

改めて自分の心と向き合ってみました。
悩むこと数分。
そして出した結果は・・・。

 

まどり
並んでも、時間をかけてでも観たいのかと言われると「Non」かな。

 

ここで1〜2時間大勢の人に紛れて時間を費やすより、のんびりパリの街を満喫したい気持ちが勝りました。

 

それに、どうしても何がなんでも観たいなら朝一で来ていたのだと思います。

 

私には、サント・シャペルにそこまでの情熱を注げなかったということになります。

 

まどり
ごめんよ、サント・シャペル。

 

ところで、旅番組『2度目のパリ』で「穴場」と紹介されていましたが、サント・シャペルは全く穴場じゃありませんよ〜。

 

ルーヴル、ノートル・ダム大聖堂同様に行列覚悟の超定番観光地だと思います。

 

もしかすると、ノートル・ダム大聖堂の中には入れないから、お客さんがサント・シャペルに流れているのかもしれませんが。

 

何れにしても、改めて気づいたこと。
私たちは観光よりお散歩が好きなんだということ。

 

中には入れなかったかわりに、サント・シャペルの美しい外観写真を何枚か貼っておきます。

 

建物や門の色や装飾がとても美しく、写真を撮っている人が多かったです。

 

 

 

 

 

 

あのステンドグラスの光に包まれる体験は、またの機会にするとしました。

 

Sainte Chapelle

写真引用元:Beautiful Free Images & Pictures | Unsplash

※ 著作権フリー画像をお借りしました。

 

散策ルート

ホテルから立ち寄ったルートです。

  • La Fontaine Saint Michel
    (サン・ミッシェルの噴水)
  • Place Saint-Michel
    (サン・ミッシェル広場)
  • Station de métro Saint-Michel
    (地下鉄サン・ミッシェル駅
  • Pont Saint-Michel
    (サン・ミッシェル橋)
  • Sainte Chapelle
    (サント・シャペル)
  • Rue de la Cité
    (シテ通り)

 

まとめ

 

今回は、サン・ミッシェル界隈からシテ島まで街歩きをし、ノートルダム大聖堂を眺めながらブキニストでお買い物をしたときの様子をご紹介しました。

 

続いてノートル・ダム大聖堂周辺の様子についても載せようと思ったのですが、写真の枚数がけっこうな数のため次回に持ち越します。

 

次回は、ノートル・ダム大聖堂、コンシェルジュリー、パリ市庁舎周辺を散策したときについて紹介します。

 

数あるブログの中から、当ブログを訪れていただきありがとうございます。

 

また、読者登録やブックマーク、メッセージも感謝しております。

 

À bientôt ! (またね)

 

3泊5日 パリ滞在記 まとめ

続きを見る

-Paris

Copyright © el BLANCO , All Rights Reserved.