Travel plan

パリ旅行計画 往年のスター風モノクロ写真が撮影できるフォトスタジオとセルフキャビン

2019年10月17日

https://www.studio-harcourt.com/

 

まどり
Bonjour.
Madoriです!

 

パスポートも無事に申請&受け取り、「たびレジ」も登録。

 

パリという大観光地を訪れる期待と不安がごちゃ混ぜになるなど落ち着かない数日間を過ごしておりましたが、あと2週間で出国の日を迎えます。

 

「そうだ、パリに行こう!」

 

と、決めてからあっという間です。

 

パリで体験してみたいこと

実は、パリを訪れて体験したいことがあるのです。

 

記事タイトルの通りなのですが、フランス社交界御用達の超高級写真館として知られる、

 

Studio Harcourt Paris

スタジオ・アルクール・パリ

 

で、写真を撮ってみたいのです!

 

各界の著名人が愛したモノクロのポートレート。

https://www.studio-harcourt.com/

 

まどり
アルクールのモノクロの世界には、ウットリしちゃいますね。

 

スタジオ・アルクール・パリ

https://www.studio-harcourt.com/

 

Studio Harcourt Paris
スタジオ・アルクール・パリ

 

憧れのスターたちがこぞって訪れたという伝説の場所。

 

そこは、パリ16区の高級住宅街の中にあります。

 

1934年創業以来、30万人を超える人々のポートレートを撮影してきたとのこと。

 

その多くは世界各国の時代を代表する俳優、女優などのスターたち。

 

  • アラン・ドロン
  • ジェラール・フィリップ
  • エディット・ピアフ
  • ブリジット・バルドー
  • マレーネ・ディートリヒ
  • カトリーヌ・ドヌーヴ
  • ジャン・コクトー

 

あまりの華やかさに、こう語った人もいるそうです。

En France,on n'est pas acteur si l'on n'a pas été photographié par les Studios Harcourt.

フランスでは このスタジオで撮影しないうちは俳優ではない

 

設立に携わったのは、このお方。

 

Cosette Harcourt
コゼット・アルクール 

https://www.studio-harcourt.com/

 

かつて、フランスの貴族が肖像画を残したように、写真という新しい肖像画のあり方を示したそうです。

 

彼女は映画の照明技術を応用して独特の写真スタイルを生みだしたといいます。

 

その独特の技術とは、「la lumiére(光)」と「l'ombre(影)」だけで描くモノクロ写真で、微妙なコントラストを生みだすこと。

 

私も、この写真を初めて見たときにコントラストが絶妙だなぁと思いました。

 

写真というより絵画を眺めているような感覚を抱いたのです。

 

どこか非現実的で神秘的な雰囲気。

 

アルクールの光と影だけで描くモノクロ写真からは、究極の美が感じられました。

 

やはり写真、特にモノクロは奥が深いですね。

 

キュートでセクシーなブリジット・バルドー。

Brigitte Bardot(ブリジット・バルドー)

 

日本の女優さんもなかなかの美しさです。

常盤 貴子

 

常盤貴子さんの骨格が好きでして。

 

まどり
モノクロ映えしてとても綺麗。

 

そして、こちらはアルクール マジック!?
サッカー選手のチアゴ・シウバのこの美形さに驚き。

Thiago Silva(チアゴ・シウバ)

 

これはアルクールとPSG(パリ・サンジェルマンFC)のコラボでしょうか。

 

あのズラタン・イブラヒモヴィッチ様もPSGに所属していた頃にアルクールで撮影されていらっしゃいました。

 

往年のスターというより「王の肖像」ですね!

この投稿をInstagramで見る

CABINE STUDIO HARCOURTさん(@cabinestudioharcourt)がシェアした投稿 -

 

PSGの選手たち、他にも撮っている人がいそうですね。笑

 

レアル・マドリードの選手なら、オドリオソラあたりハマりそうだね!と、ダンナさんと盛り上がってしまいました。

 

ダンナさん
往年のスター風ヘアスタイルだし。
この投稿をInstagramで見る

Álvaro Odriozolaさん(@alvaroodriozola)がシェアした投稿 -

 

この写真がカラーなのに既にアルクールっぽい。

 

まどり
オドリーくん、ネタにしてゴメンね

 

サッカーの話で少し引っ張りましたが、スタジオ・アルクール ・パリの公式サイト(フランス語)を載せておきます。

 

 

10€で体験できるアルクールの世界

ここまで盛り上がっておいて何なんですが、私はスタジオ・アルクール・パリでは撮影しません。

 

いや、できません・・・と言ったほうが正しいですね。

 

ヘアメイク付きとはいえ、撮影費用がもう一回パリに渡航できるくらいかかりますので。

 

ですが、そんな庶民の私でもアルクールの世界を体験できることを知りました。

 

それが、下の写真です。

 

Cabine photo Studio Harcourt
キャビン・フォト・スタジオ・アルクール

 

まるでプリクラや街中にあるスピード写真機のようですが、まさにソレです。

 

このセルフキャビンで、アルクールのような写真が撮影できるとのことです。

 

フラッシュではなく、3箇所に配置した照明のバランスで顔に陰影を作ります。

  1. スポットライト
    (正面かなり上から)
  2. キーライト
    (正面やや上から)
  3. タッチライト
    (背後から)

写真機内には、このようにフランス語で手順が記されているようです。

 

訳してみました。

  1. Ne bougez pas pendant la prise de vue.撮影中は動かないでください。
  2. Réglez la hauteur du siége pour que votre visage soit bien éclairé et dans la lumiére..座席の高さを調整して、顔が明るく照らされるようにします。
  3. Soyez créatif et laissez vous guider par votre imagination : penchez la tête,regardez l'objectif et prenez la pose "Harcourt"!創造性を発揮し、想像力に導かれます。頭を傾け、レンズを見て、「アルクール 」ポーズを取ります!※ 「アルクール」ポーズ:前屈みで上目使いにレンズを見つめる 

旅番組でこのセルフキャビンの存在を知ったのですが、ナビゲーターの役者さんが撮った出来上がり写真が素晴らしかった。

 

普通にイケメンな役者さんなので、それはそれは素敵に撮れていましたよ。

 

10€と、スピード写真にしてはお高いですが、何せアルクール様ですから。

 

私自身も、おそらく10割増くらいに撮ってもらえるのではないかと期待しております。笑

 

まどり
期待しすぎ

 

ダンナさんとのツーショットにしようか、自分だけが写っているのにしようか悩み中。

 

両方撮ってもいいですけどね。

 

追記:実際に訪れて、ツーショットではなく、それぞれのポートレートを撮りました。

 

パリ滞在記 3日目③ モネ・ド・パリ(パリ造幣局博物館)の中庭で往年のスター風モノクロ写真を撮りました

続きを見る

 

キャビン・フォト・スタジオ・アルクール 」が設置されている場所を調べてみました。

 

こちらにMAPがあります。

 

パリ市内には10箇所あるようです。
場所とアドレスを調べてみました。

博物館 / 美術館

Monnaie de Paris
(パリ造幣局)

11 Quai de Conti, 75006 Paris

ホテル

Terrass Hotel

12-14 Rue Joseph de Maistre, 75018 Paris

デパート

LE BHV MARAIS

52 Rue de Rivoli, 75004 Paris

ショッピングモール

Carrousel Du Louvre
(カルーセル・ド・ルーヴル)

99 Rue de Rivoli, 75001 Paris

Beaugrenelle

12 Rue Linois, 75015 Paris

店舗

Galerie Des Champs

88 Av. des Champs-Élysées, 75008 Paris

展示貿易センター

Le Palais des Congrès de Paris
(パレ・デ・コングレ・ド・パリ)

2 Place de la Porte Maillot, 75017 Paris

劇場

Théâtre des Champs-Elysées
(シャンゼリゼ劇場)

15 Avenue Montaigne, 75008 Paris

映画館

Studio 28

10 Rue Tholozé, 75018 Paris

MK2 Bibliothèque

162 Avenue de France 128, 75013 Paris

 

「パリ造幣局」内のセルフキャビン

私たちはホテルからのアクセスが良い「パリ造幣局」内のキャビン・フォトスタジオを利用することになりそうです。

 

「パリ造幣局」の貨幣博物館は有料(10€)ですが、中庭のギャラリーには無料で入ることができます。

 

キャビン・フォトスタジオは中庭にあります。

 

公式Instagram

この投稿をInstagramで見る

Monnaie de Parisさん(@monnaiedeparis)がシェアした投稿 -

 

中庭には現代アート作品も並んでいるそう。

 

パリ造幣局、穴場かもしれませんね!

 

とても楽しみです。

名前 Monnaie de Paris(パリ造幣局)
住所 11 Quai de Conti, 75006 Paris
営業 水:11:00~21:00
木金土日火:11:00~19:00
月:定休日
交通 メトロ7号線「Pont Neuf(ポン・ヌフ)」から徒歩6分
WEB https://www.monnaiedeparis.fr/

 

 

再び、訪れたときの記事を載せておきます。

パリ滞在記 3日目③ モネ・ド・パリ(パリ造幣局博物館)の中庭で往年のスター風モノクロ写真を撮りました

続きを見る

 

いつか、16区の「スタジオ・アルクール・パリ」で撮影してみたいです。

 

まどり
遺影を意識する年齢になっているかもしれませんが。

 

 

数あるブログの中から、当ブログを訪れていただきありがとうございました。

 

また、読者登録やブックマークをしていただき感謝しております。

 

À bientôt! (またね)

-Travel plan

Copyright © el BLANCO , All Rights Reserved.