Spain travel

2度目のマドリード滞在記 2日目⑦ シベーレス広場と白亜の宮殿|レアル・マドリードの優勝パレード地

シベーレスの女神の噴水
まどり

¡Hola! Madoriです。

今回は特に思い入れの強い場所で、マドリディスタ必見のレアル・マドリードが優勝パレードをする場所でもある聖地「シベーレス広場」と、そのすぐ目の前に建つ白亜の宮殿の中を訪れたときの様子をお伝えします。

レアル・マドリードファンの方も、試合観戦とあわせて訪れてみてはいかがでしょうか。

前回の記事では、三大美術館や高級ホテルが集まる美術館エリアを紹介させていただきました。

今回は、その続きとなります。

前回の記事
スペイン、マドリードのプラド美術館
2度目のマドリード滞在記 2日目⑥ プラド通り観光〜三大美術館が集まる光の景観|スペインの新たな世界遺産

続きを見る

シベーレス広場と白亜の宮殿

シベーレス広場と白亜の宮殿

私たちは、美術館エリアからシベーレス広場と宮殿に向かいました。

歩いていると、とても目立つ白く美しい建物が見えてくるのですぐにわかります。

シベーレス広場について

詳しい情報はこちらです。

Plaza de Cibeles(シベーレス広場 )

スペイン、マドリード中心部にある円形の広場。広場の東西をアルカラ通りが、北はレコレートス通り、南はプラド通りが交差する。この広場はマドリードを象徴する場所の1つであり、セントロ地区、レティーロ地区、サラマンカ地区が接している。
広場の中央には、1782年につくられたベントゥーラ・ロドリゲスのシベーレスの噴水がある。広場の四方には、18世紀後期から20世紀初頭にかけ建てられた著名な建築がある。
その建物である宮殿は1777年に建設され、現在はスペイン陸軍司令部が置かれている。(旧中央郵便局。2007年よりマドリード市庁舎や文化センターとして使われている。)

引用元:シベーレス広場 - Wikipedia

雨の日のシベーレス広場

2016年11月撮影

今回スペインを訪れたときは1日も雨に降られず晴天に恵まれましたが、昨年は滞在のうち2日は雨でした。

これら2枚は、2016年11月に撮影しました。

シベーレスの女神の噴水

シベーレスの女神

彫刻はフランシスコ・グティエレスによる。

モンテスクラロス産の青大理石を材料に、農業と豊作をつかさどるギリシャ神話の大地母神、キュベレがライオンのひく二頭立て馬車に乗る姿を描いている。

「シベーレス」とは、ギリシャ神話の女神「キュベレ」のスペイン語名である。

引用元:シベーレス広場 - Wikipedia

レアル・マドリードの優勝パレードの様子

我らがレアル・マドリードが優勝した際に、ファンの前で盛大に祝賀イベントを行うことでも知られる「シベーレスの女神」の噴水は、マドリディスタ(レアル・マドリードファンのこと)の聖地でもあります。

ファンなら、レアル・マドリードのスタジアム「サンティアゴ・ベルナベウ」だけではなく、この場所もぜひ訪れていただきたいです。

イベントで最高に盛り上がるのは、Queenの「We Are The Champions」の曲が流れる中でキャプテンが女神像にタオルマフラーを巻くシーン。

まどり

毎度、感動で涙腺が崩壊します。

サッカーは上手いけれど、歌があまり上手ではないクリスティアーノ・ロナウドがミュージシャンになったように気持ち良さそうに歌う姿も微笑ましいかったです。

テレビでは放送されないので、私たちは動画でセレモニーの様子を鑑賞いたしました。

この映像を観て、マドリードに住みたい欲が爆発してしまいました。

選手たちは大きなプレッシャーから解放されて優勝した喜びでいっぱい。

マドリディスタはお祭り騒ぎ。

生きることを心から楽しむラテン気質、やっぱり好きだなぁと、しみじみ思いました。

いつの日か、優勝の喜びを選手やマドリディスタたちと一緒に分かち合いたいものです。

白亜の宮殿内の美しい天井

宮殿内の天井

これだけ美しい建物ですが、空港のような手荷物検査を受けて何も問題がなければ無料で見学ができるのです。

宮殿内が吹き抜けになっているので、とても美しい天井に出迎えられます。

見上げすぎて首が痛くなるほどです。笑

天井のステンドグラス

スペイン人の優しさに感激

天井をウットリ眺めた後、トイレに行こうとしました。

トイレのマークを見つけたので、その方向へ歩いていこうとしたそのとき・・・。

私は、もの凄い勢いで転んでしまったのです。

ダンナさん

飛んだ…という表現のほうがふさわしいかもね。

しかもその転びかたが漫画のようなズッコケぶり。

まどり

すると、館内の職員のおじさん(おじいさん!?)はじめ、居合わせた人たちが私を起こそうと集まってきました。

おじいさんに左腕を、ダンナさんに右腕を抱えられ起き上がりました。

周囲の人たちも、「大丈夫?大丈夫?」と、とても心配してくれました。

そのとき、よく閲覧するサイトの記事の一文を思い出しました。

居心地の良さを大きく左右する「マドリードの人々」。
よくスペイン人は「マドリードの人は冷たい」と言うが、それはスペインの地方都市との比較であって、日本から来た私は少し違う印象を持っている。
例えば、道で言葉が通じない外国人が迷っていたら、だいたいいろんな人が立ち止まって、迷わずスペイン語で、あっちだ、こっちだと言い出す。
道で転ぶと、いっきにわっと手を貸そうと人が寄ってくるし、スーツケースやベビーカーをもって階段を上がろうとすると、手を貸してくれる人が多い。
カタコトのスペイン語でも、「上手だねえ!」と一生懸命に聞いてくれる人も多い。
かといって、寝掘り葉掘りズカズカと踏み込んでくる人も少なく、適度な距離を保ってくれる人が多い印象だ。

引用元:マドリード短期滞在のススメ | マドリード情報 Todo Madrid

本当に、わっと手を貸そうと人が寄ってきたのです。

かなり派手に転んだので足腰はかなり痛みましたが、それ以上にスペイン人の優しさにふれられた喜びのほうが大きかったです。

南フランスでもスペインでも、このような心温まる出来事が名所巡り以上の忘れられない思い出となりました。

思い出ついでに、ダンナさんがちゃっかり転んだ現場の写真を撮っていました。

私を派手に転ばせたのがコレです。笑

トイレに行く途中は、くれぐれも慌てずに足元に気をつけてくださいね!

館内のトイレ

旅先のトイレ事情って、とても気になりますよね。

まどり

特に、日本はトイレ大国ですから。

スペインのトイレは日本ほどハイテクではありませんが、綺麗なところが多いので安心して利用できるのもポイントが高いです。

この宮殿内のトイレは、おそらく私が記憶しているスペインの無料トイレの中でいちばん綺麗だったと思います。

建物の外観はクラシカルですが、トイレはモダンでとても清潔感がありました。

マドリード観光の中心地にありますので、街歩きの際にはぜひ立ち寄られることをオススメします。

「テレビでスペイン語」でも紹介された美しい宮殿内

繊細な彫刻が施された宮殿内

実は昨年訪れたときは、この宮殿内に入れるとは思っておりませんでした。

帰国してから放送されたNHKの語学番組、「テレビでスペイン語」で、この宮殿内のことが紹介されてたのです。

「テレビでスペイン語は、現在は「旅するスペイン語」になっています。

とても優美な内装なので、次に訪れたら絶対に中に入ろうと思っていたのです。

その念願が1年越しに叶いました。

こちらは、タイル貼りの美しい螺旋階段です。

美しい螺旋階段

階段を上り、何階だったかは忘れてしまいましたが、とても繊細な彫刻が施された宮殿内の美しさに出会いました。

「テレビでスペイン語」でもその美しさは確認済みでしたが、写真や映像だけでこの美しさを伝えるのは難しいです。

ぜひ、実際目で見ていただきたいと思うほど。

「テレビでスペイン語」繋がりで、こんな美しい建物を見たときにぜひ使いたい簡単なスペイン語を少しだけ紹介させていただきたいと思います。

簡単なスペイン語

¡Qué bonito!(ケ ボニート)
(なんてきれいなの!)

気に入った対象のものが、

  • 男性名詞:bonito(ボニート)
  • 女性名詞:bonita(ボニータ)

となります。

展望台へ行くにはチケットを購入しなければなりません

私たちがこの場所を訪れた目的のひとつ。

360度に広がるマドリードの街を見渡すことができる展望台です。

ヨーロッパの駅や公共施設などを訪れて思うのは、案内が少しわかりづらいこと。

慣れてしまうと、これでもかというほどゴチャゴチャと美しくない案内や広告が貼られているよりスッキリしていて好きなのですが、この時もチケットを買わないと展望台に行けないとは知らずに(案内に気付かずに)、そのまま展望台のある最上階まで行ってしまいました。

そこへ行くと、10名ほど椅子に座って並んで待っているようでした。

まどり

これは入場制限があるのだと思いました。

そして、皆何か手にチケットのような紙を持っています。

聞こうにも、的確なスペイン語が出てきません。

ダンナさん

いま思うと、英語で話しかければよかったと思いますが・・・。

せっかく展望台のあるフロアまで来ましたが、1階まで降りてチケット売り場を探します。

辺りを見渡すと、チケット売り場が控えめにありました。

チケット大人1枚:2€ ≒ 264円(税込)

1€ = ¥132 で計算

やはり入場制限があり、私たちに渡されたチケットには18:30と印字されていました。

展望台のチケット

キャパシティとセキュリティの理由から、30分ごとに入場が区切られているそうです。

そして、チケットには「Planta 6E(6E 階)」と記載されています。

ここで注意していただきたいのは、展望台のあるフロアは6E階ではないということです。

そして、6E階から展望台へは更に88段の階段を上らなければなりません。

エレベーターも利用できますが、身体の不自由なかたやベビーカーで子どもを連れているかたなどが優先になります。

この時間帯は特にそのようなかたがいなかったので、私たちは上りだけエレベーターを利用しました。

なぜ最上階までエレベーターが無いのかについては、「歴史的建造物の建築特異性によるもの」らしいです。

そして、安全上の問題や天候不安定のために予告なしに展望台を閉鎖することがあるそうです。

展望スポットへ

展望台からの景色

いよいよ、マドリードの街が一望できる展望スポットへ向かいます。

入場するときに係員がチケットを「ビリッ」と破きます。

まどり

ちょっと勿体ないね。

でも、ようやくここまで来たよ!

ダンナさん

着いた先には、待った甲斐があったと思わせてくれるマドリードの街の大パノラマにが待っていました。

ここではかなり沢山の写真を撮りましたが、よく撮れた写真と美しい風景を紹介させていただきたいと思います。

いちばん見たかった景色がこちらのグラン・ビア方面の景色です。

グラン・ビア方面の景色

左手前にはスペイン銀行、左奥にはマドリードのランドマーク的な存在の「メトロポリスビル」も見えます。

その他の景色も見てみましょう。

コロン広場周辺
宮殿内のレストラン
シベーレスの女神の後ろ姿

シベーレスの女神像を見ていると、やはりレアル・マドリードへの格別な思いが込み上げてきます。

展望台にはレアル・マドリードのユニフォームやジャージを着たマドリディスタも、けっこういらっしゃいました。

今シーズンは不調でリーグ戦での優勝は望めなくなりましたが、まだCL(チャンピオンズリーグ)優勝の可能性が残っているので、この場所で選手たちとマドリディスタが歓喜する姿を見たいものです。

UEFA Champions League
UEFAチャンピオンズリーグ

欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で毎年9月から翌年の5月にかけて行われる、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。CL、UCLとも略記される。

引用元:UEFAチャンピオンズリーグ - Wikipedia

こちらは、展望台の様子です。

展望台

写真を撮るために1周、景色をじっくり見渡すのに1周。

ゆっくり思う存分マドリードの街を眺め、とても満足しました。

そして、ますますマドリードの街が大好きになりました。

宮殿内の売店にて

売店で購入したマドリードの地図(自宅にて)

展望台へ行くためのチケットを購入してから入場時刻の18:30まで1時間ほどあったので、建物内をウロウロしたりミュージアムショップのような売店を見てまわったりして時間を過ごしました。

その売店で、素敵な物を見つけました。

マドリードの地図です!

まどり

上の写真は、帰国してから我が家に飾ったものです。

フレームはIKEAで買いました。

ダンナさん

この地図を眺めるたびに、マドリードで過ごした思い出が蘇ります。

特に、このとき訪れたシベーレス広場と宮殿のことを。

シベーレス広場を後にする

名残惜しいですが、このとき既に19:00を過ぎていました。

それでも10月のヨーロッパの外はまだ明るいです。

上の写真は、シベーレス広場のすぐ近くにあるレンタサイクル置き場。

いつかレンタサイクルも利用してみたいです。

歩くのとはまた違った新しいマドリードの街に出会えるかもしれませんね。

シベーレス広場へのアクセス

住所
Plaza de Cibeles, 1, 28014 Madrid, Spain

地下鉄最寄駅
Banco de España(バンコ・デ・エスパーニャ)から徒歩3分

地図

さいごに

マドリードには白を基調にした優美な建物が立ち並んでいます。

このシベーレス広場と白亜の宮殿は、美しい建築巡りにぜひ取り入れていただきたい場所です。

特に、マドリディスタの方は訪れる価値があると思います。

まどり

最後まで読んでいただきありがとうございました。

¡Hasta luego! (またね)

ダンナさん
あわせて読みたい
マドリード王宮
8泊11日 2度目のマドリード滞在記 まとめ|エミレーツ航空で行くスペイン

続きを見る

\ 国内も海外も航空券+宿泊予約はエクスペディアで /

-Spain travel